現代に黄泉がえる奴隷船~3つのリスクと対策~ │ 陰キャのモテ道オンステージ

現代に黄泉がえる奴隷船~3つのリスクと対策~

現代に黄泉がえる奴隷船~3つのリスクと対策~

満員電車は現代の奴隷船。乗員の魂はタイムスリップした奴隷。

満員電車は現代の奴隷船

混雑率200%以上の不快とリスクに満ちた空間

日本名物といえば何だろう。
フジヤマ、ゲイシャ、ニンジャ?

では、東京名物といえば?
雷門、アキバ、コミケ?

しかし、今や日本名物といえばブラック企業と満員電車なのではないかと。

東京も大阪も過剰な人口密度を前提とした巨大都市。

痴漢、冤罪、ストレス。
満員電車問題が常に付きまとう空間です。

そして今や世界も注目し、カメラマンの被写体ですらあります。

リモートワークにさえ反発し、苦行至上主義をひた走る日本。

高度プロフェッショナルで奴隷化が悪化する日本人。

ぼくらは何を理解してどう対策するべきなのでしょう。

【復習・世界史】奴隷船とは?

奴隷船とは、大航海時代にアフリカから新大陸に黒人奴隷を運ぶために使われた船です。

船については人間ではなくあくまで商品を運ぶという思想で運用されていた商船。

なので、「すし詰め」状態で「可能な限り多く」運ぶことを目的としていました。

当然、環境は劣悪のヒトコトに尽きました。
酷い場合だと1週間たちっ放しもザラ。

黒人奴隷の生存率、30%。

満員電車が有害であることをすでに戦国期には実証していたことになります。

現代の社畜と似ている点は満員電車を強いられるだけではありません。

降りた後過剰な長時間労働を強いられて使い捨てられるとこまで酷似。

奴隷の世界には救いなどない。
コミケん時に乗った電車がそう語った気がした。

 

満員電車の害1→通勤時間という消耗

時間の搾取で気力も活力も限界

ぼくは朝にバタバタするの、嫌いです。
そのための早起きは最早コストですらある。

しかし、自分の力不足がそうさせているので今はその状態で頑張るしかない。

ぼくなどは徒歩通勤できる分まだましですが、満員電車の積荷さんたちはどうだ?

東京も大阪も家賃が高いせいで間違いなく長時間通勤を強いられている。

そのために疲労の回復も鈍化。

仕事の能率も落ち、金はたまらんのにストレスは雪だるま式に溜まる。

これを地獄という以外にどう呼ぶべきなんでしょうね?

時間という資産について

時間は大切です。
お金は稼げても時間は増やせない。

ゆえに奴隷からの卒業を目指す意義がある。

誰と過ごすか。何をして過ごすか。
これらを軽んじてはいけません。

社畜なる奴隷であったとしても時間は命そのものなのですよ。

例えば自分の時間を無駄にすることに慣れてしまったとしましょう。

すると他人から時間を頂くことにも何の有難みも罪悪感も抱けなくなります。

そうなったが最後。 人間を捨て、魂まで奴隷化してることになります。

これは、他人にも自分にも無価値化を強いる選択肢にほかなりません。

人間やめますか?それとも自分の未来、変えますか?

まとめ
時間の消耗を前提とした世界。
=奴隷と奴隷船や満員電車の世界。

満員電車の害2→ストレスで消耗

男が恋愛にストレスを持ち込んではいけない理由

ストレスは疲労となり、生産性を下げて業務開始という害に

満員電車にログインしている時のストレス

それは戦闘機が臨戦態勢に入った時のパイロットのそれを軽く超えるようです。

確かにとんでもないストレスを確かにぼくも感じました。

降りたくても定刻出社のために降りられない不安や地獄。

寝起きで機嫌悪いのを引き摺った状態でこの仕打ちですからね。

そこから8時間も薄給でこきわれるために時間を切り売る。

帰りに疲れ切った体で同じストレスを浴びる。

憂鬱になって線路にほっぴんジャンプするのも納得できます。

満員電車の害悪一覧
  1. スマホひとつ満足に動かせない圧倒的すし詰め感
  2. オッサンの整髪料とオバハンのつけ過ぎた香水(香害)
  3. 全員の汗の混ざった強烈な合成臭(香害2)
  4. 物理的圧迫感
  5. めまいや酸欠上等の淀んだ空気

満員電車の害3→痴漢と痴漢冤罪リスク

【性犯罪の動機と対策とコスパ】痴漢をしてはいけない理由

痴漢リスクの存在自体が誰得

満員電車に救う痴漢関連の害虫は3種類存在している。

ストレスで痴漢するオッサン
ストレスで男を嵌める冤罪ねつ造BBA
男を襲う痴漢♂

過大なストレスを理由に人間をやめ、血迷った魑魅魍魎どもです。

無理もありませんよね。
学生さんもオッサンもごった煮状態ですし。

すし詰めにされた中で一人くらい暴挙に出ることに不思議さは覚えません。

たからと言って混沌としたライアーゲームを始めないでほしい。

痴漢されれば被害者は男女問わずトラウマ。

冤罪でもずさんな捜査の為に10年単位で収監され、あらぬ罪を償わされる。

塀から出れば必然的に無職な上、無駄に歳食ってるせいでどこにも相手されない。

痴漢も冤罪事件も起こすやつらは害虫。

そいつらを生産する満員電車を前提とした大都市は悪夢生産機。

どちらも害悪であることに代わりありませんね。

まとめ
痴漢系リスクの巣窟としても警戒がいる
=余計なストレスを抱える
=生産性ダウンの元凶

満員電車対策→縁を切ろう

地方に転職して満員電車とかいう奴隷船にサヨナラ

大都市には確かにたくさんの職があり、地方は少なめではあります。

しかし、地方だと生活コストも少なめ。
生活水準はそう変わらないんじゃないかと。

むしろ、美味しい空気に時間的余裕さえあるならむしろ上がってるとは思えませんか?

大都市と違って痴漢や降りられるかどうか、みたいな心配も無用。

職住接近さえ狙えるかもしれない。

だからぼくは提案します。
大都市圏の生活、やめにしようって。

そこまでの負担を強いる稼ぎ方はオワコンです。

リモートワークがメジャーじゃないならやめて地方で働くのもアリとは思いませんか?

 

おわりに

【考えよう】満員電車に縛られる価値とは?

みんな満員電車、好きではないハズです。
ですが、しがみつく理由もあると思う。

そのことについてはしっかり自分で考えたうえで答えを出した方がいいでしょう。

この記事で見たから離れる
会社に強いられてるからムリ

という日本人独特の無視考に流されるのはダメです。

満員電車に流されたのも。
そんな生活を強いる会社を選んだのも。

その無思考と長いものに巻かれる姿勢が原因。

自分の頭をしっかり使い、損得をしっかり考え、決断しましょう!

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!