学校では教えてくれない「小学生の弱体化」

学校では教えてくれない「小学生の弱体化」
おはようございます(^^♪ 悪満族のとも提督です♪

今日も健康に励んでますか♪オレもストレス解消に感動できるアニメの名シーン見て目からサティスファクションしながら書いています(・ω・)ノ さて、そんなこんなで下の記事を見つけたんですよ・・・(^_^;)


運動不足だけなのか!?

リアルキャシャリンみたいに

脆くてリアルキャシャリンみたいには自己修理できないらしい。

ネットやゲームを悪にして人をテレビに返そうという意思も感じられなくもないけど運動不足があるのも確かな話。
そして、もう一つ・・・

親が生んだときの栄養状態、体質、そして今持ってる栄養に関する知識とそれをもとにした行動により、子供の体の質は決まるんです。

人間は食べたもので作られる

人間…というよりこれはすべての生物に言えることですが、食べたもの。食べ物から得た栄養が体を作るんですね。
ところが、テレビに健康を含むすべての情報に関することを依存することで運動以上に栄養、そして健康に関する知識と情報が現代人には不足しています。
健康に関する知識があれば 満足に栄養を取ることができ、不要だったり有害な物質を摂ることを防ぐことができます。

特にたんぱく質不足が深刻で、女性が出産後、大きく体調を壊すのもただでさえ不足しているたんぱく質を自分の体の一部を分解してでも無理やり子供用に捻り出しててへその緒を通じて子供を精製するのに供給してたから。 当然子供も推奨スペックではなくギリギリ要求されるスペックという状態で生まれてくる。あと、豆知識ですが、妊娠した時点での父親の体型が太りやすさや筋肉のつきやすさを決定するというのも覚えておいて損はないですよ♪

ゲームのせいにする前に

オレは別にゲームを擁護することを考えて書いてるわけではありません。 親(お前)たちの作ったメシは素晴らしかった!味も愛情も!だが、しかし、まるで全然!人1人の体ををまともに維持するには程遠いんだよねぇ!

家庭や一族単位で。あくまで「運動うんぬん以前の問題なんです」、というのが伝えたかったのです。

現代では野菜の味を高めるため、栄養が犠牲になったことにより、食事で 満足栄養を取ることはできないんです。 そこで登場するのがサプリメント。これも有害物質や重金属を含むものもあるので、勉強しながらいいものを慎重に選ばなくちゃいけない。子供が胎内で有害物質を取ってしまった場合、足りてた栄養ですらまともに吸収されなかったり深刻なアレルギーや障害を抱えて生まれてくる可能性があります。 小学校の社会の授業で習った公害病の例がいい例です。 規模の差こそあれ、有害物質を取ったことにより発生するアレルギーや奇形などができるという点で同じ種類の話なのです。

運動するにもそれに耐えうる栄養を理想的なのは生まれる前に。そして、これからでも栄養不足を取り返して満足できる人生を送ってください(^^)/

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!