トイレ制限が抱える2つの罪

トイレ制限が抱える2つの罪

おはようございます・・・業務による熱中症から死者蘇生!そしてトイレは友達!とも提督です。
どうやら私の友達と人が会うのをあまり喜ばない企業があるようですねw

ツッコミどころが多すぎるので久々に健康系のところからツッコミ、いっちゃいますかw

2つの罪

いやー、トイレ制限とか何考えてんの・・・って言いたくなりますねw
トイレで給料泥棒というものが居る前提で話をすると、まず、上司はそう言うのを誘発させるようなマネジメントをしてきたことを恥じてください。 ストレスフルな職場を作っている犯人は他ならぬあなたです。 もしそれが逃げではなく本当に部下の消化器系を痛めつけているのだとしたらさらに罪深いです。 ストレスは胃腸に深くダメージを与えます。 消化器系の不調は栄養がまともに吸収されないということ。つまり、栄養をまともに摂取できない状態を作りだし、生産性の低下に貢献しているわけです。
次に膀胱や体水分量について言及しましょう。 トイレ制限があればそれに合わせるために水を飲むことを制限し、コーヒーや紅茶といった利尿作用のあるものを控える必要があります。。 この夏場ではとんでもない行為です。 人間は1日2~5Lは水を摂取してしかるべき生き物です。喉が渇けば脱水症状が始まっているとも言われています。少なくても甲子園球場では常識です。 結果的に脱水症状を起こして倒れることを推奨していることになるし、制度に部下を従わせるということはそういう暴力に加担することになります。 当然ですが、暴行に尿を溜めすぎるのを常態化させれば尿毒症や膀胱炎といった症状を引き起こし、その従業員は強制的に戦線離脱です。 あなたのバカ的なマネジメントのせいで。

以上の点から罪深い点は2つ。一、ストレス⇢消化器系の不調&栄養失調⇢ストレスの悪循環を生み出して従業員の肉体を破壊している点。二、脱水症状を起こすことを推奨し、追加効果で膀胱炎や尿毒症へ従業員を導いて従業員の肉体を破壊している点。

<a href=”http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100k23o00g2vq” rel=”nofollow” target=”_blank”><img src=”http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100k23o00g2vq” alt=”” border=”0″ /></a>

女性に厳しすぎないか?

男性にとっても十分バカな拷問ですが、特に女性にとってはとてつもない暴力です。
膀胱は女性の方が緩くできています。 ちょっと考えてみればわかるでしょう?例えば駅やアミューズメントパークなどでトイレを見かけることがあれば女性の方が必ずといっていいほど列ができていますし、コンビニのトイレでも比較的女性が優先的に行けるように配慮されていますよね?
相対的に膀胱の締めが弱い女性に対しても男性と同様に我慢を強要するというのはとんでもない話だと思いませんか?

規制依存と女性軽視、寄らば大樹の陰な古くて馬鹿げた働き方を推奨してうまくいってきたのは昭和の時代までです。 戦争はしてなくても過労死という名で累々と築かれた死体の山の上に今という時代があります。 ぜひともこれからは従業員の肉体に変わって古い悪習を破壊して平成すら終わろうとしている今の時代にあったマネジメントで会社を運営してほしいものですね。もっとも私は何の期待もしていないからこうやってブログ書いてるんですけどねwwwwww

<a href=”http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100jysl00g2vq” rel=”nofollow” target=”_blank”><img src=”http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100jysl00g2vq” alt=”” border=”0″ /></a><a href=”http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100hiax00g2vq” rel=”nofollow” target=”_blank”><img src=”http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100hiax00g2vq” alt=”” border=”0″ /></a>

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!