幸せを大切にすべきたった1つの理由

幸せを大切にすべきたった1つの理由

こんにちは。不満足な実家を飛び出し、満足と自己管理を手に入れたとも提督です。/div>

今回のテーマは幸せ。
幸せってどんな物質で、どういう性質を持つのか。

以外と考えられてないことなんですが意外と重要なんですね、これが。

幸せがない家

一見なくてもいいものかもしれない。 確かに、無いからといって腹が減ったり喉が渇いたりするものではありません
ところが無いと稼げなくなったり、病気のもとになったりと何かと大変な事態を引き起こしてくれるんです。
家庭が安らげる場所でないなら、労働者は満足に休息を取れず、病気になってしまいます学生は学生で勉学などが振るわなかったり気持ちが荒れて問題を起こしたりするきっかけになるでしょう。これだけでも十分、幸せを追い求める意味を見いだせはしませんか?

では、幸せな家庭の作り方について探求してみましょう。

基本的には自分で作るもの

人がくれるのを待つだけではあまりにも心許ないです。 そして、嫌な仕事をやり続けて消耗しながらお金を持ってきたり家族サービスして渡すものでもありません。
幸せとは自分を満たした後、はじめて相手におすそ分けすることができるもの。
自己犠牲などでは決して受け渡せないのです。

誰もが犠牲にならずに、何かを強いるわけでなく個々が独立しながら強調していくというのが幸せな家庭像なのではないでしょうか。

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!