男は包容力と圧倒的なパワーだ!~オッサンに負けてる男子たちへ~

男は包容力と圧倒的なパワーだ!~オッサンに負けてる男子たちへ~
こんにちは!提督で戦車兵のアラサー決闘者なのにJDをゲットしているとも提督です。
今日は17日につけ麺食ってる時に聞いたスゲーJDの話をする!

それはどこかの大学で起こった話。

テレビかw

カップル女:めっちゃあの子ヤバくない?
カップル男:A子ちゃん?(男子がみんな憧れている高嶺の花らしい・・・)
そんな会話から始まった。 別に聴こうと思って聞いたわけじゃないけどほら、聞こえちゃうもんは聞こえちゃうわけでw

すると・・・

教授、奥さんと別れてA子と結婚するってよ

そんな昼ドラとかフ◯イデーの中でしか聞いたことも見たこともないような話が飛び出すもんやから思わずそこから話を聴いてしまった。
結局、その子は同級生の男子と落ち着いたらしいけど・・・(^◇^;)

ステータスの高い男といい、魔性の女子生徒といい、今の世は年の差というものがメリットにすら思える恋愛模様リアルにガリガリと描かれているみたいですね(^◇^;)

若い男に魅力がないのか?

やはり、そういうところに落ち着くのかと・・・実際、線が細く余裕がなく、ビビりで、感性が未だに昭和で守りに入ってて・・・
そうなる事を生まれた時代が強いたのかもしれないけどそれでも恋愛市場ではオッサンたちと対峙してフラットな土俵での戦いを強いられる。 バブルや高度成長期の追い風のせいもあり、イケイケで体育会系特有の強い馬力のある男で、既婚者特有の余裕があるオッサンたちと違い、時代の追い風なし自力でパワーをつけなければ男らしいパワーを演出すらできない。 同じ感性が古いもの同士ならやはりパワーと包容力という付加価値を女子が欲しがるのも納得。ポマード臭かったり加齢臭くらいのデメリットも長年培った色んなテクニックで十分帳消しにできるほどなのだろう。
不利な戦いを強いられているからといって文句を言ったところで始まらない。 自力でオッサン並みの魅力を身につけるか、新しい種類のパワーを構築して対抗するなど、他を出し抜くしかオッサンに勝てない。

「オッサンに女なんぞくれてやる」と負け惜しみ言う前にやれることはたくさんある。

オッサンの弱点

オッサンらの時代は親同士や近所のお節介やきなオバチャンが世話したりしてノリで、ということも多かった。 男女ともに自力で恋愛頑張らなくても女にとってステータスのある男を手に入れる方法がオッサンの時代は確立されていた。 それ故の弱さもある。
ステータスの高い男を自動的に手に入れて今の地位に安住し、そんな夫をぞんざいに扱っている奥様の存在。 そして、そんな男が年老いた今でも女子を自力で狩れるというスリリングかつ男としての自信を取り戻せそうな環境が整っていること。
そこを突くように嫌みなく立ち回れば勝機は上がる

もっとも、根本にオッサンを出し抜くメインの要素がしっかりあれば、ということを留意して欲しい。

オッサンよりも女子を満足させて、オレらと一緒に満足しようぜ!!

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!