料理男子提督!名店の味に挑む!!~たけ井の焼豚編~
ある店の焼豚を再現することに執念を燃やしてみたラーメンオタク。重オタクプロブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

この記事はラーメンが好きでせめてチャーシューくらいは再現してみたいよね・・・!って人(主に普段から料理作る子)向けに書きました。

もくじ

・もくじ

・完成図はこちら

・調理開始ィィィィッ!!

・完成!「あの店」の焼豚ッ!

・おわりに

完成図はこちら

・レシピ主曰く・・・

結果→やってやるぜ!!!!!!!

その意気込みは良し・・・ですが、まず料理は完成図を思い浮かべるところから始まるといっても過言ではありませんよね(・ω・)ノ

果たして、調理した結果やいかに・・・!!!

調理開始ィィィィッ!!

下処理

DSC_0171

まず、塩素除去処理を施した真水に30分ほど浸し、食肉製品にはお決まりのように塗ってある着色料を取り除きます。
時間に余裕のある時は日本酒などに漬け、より臭み抜きや味わい深さを極めるのもGood!!

その間にネギと生姜を墓地に・・・ではなく、刻んでおきましょう! ねぎ適当な長さに、しょうがはできるだけ細かくみじん切りorおろし金でペースト状にします。

チューブしょうがはオススメできません。冷蔵庫で長期保存する前提のものなので しょうが以外の物質(保存料も兼務)で量が足されている状態なので、しょうがの成分は物量的な意味で確実に減っています

火工の時間です!

鍋に湯を沸かし、先ほど刻んだネギとショウガとともに下処理した3ブロック分の肉をを鍋の中に召喚し、60分煮込みます!!

DSC_0174

そして、しょうゆのお風呂にどぼーん!!

DSC_0176

なお、ぼくがしおいちゃんのセリフを使ったからといって401分もつける必要はありません。60分ほど漬ければしっかり味がしみこみます♪ ただ、お風呂というだけあって・・・

DSC_0179

醤油は多めにストックしておきましょう(戒め)

完成!「あの店」の焼豚ッ!

DSC_0186

完成品は切りわけて焼豚丼にしました♪

これで完全再現っぽい?

DSC_0195

↑買いました。 リアリティをエモーションとセンセーションで感じるためにw

DSC_0196

DSC_0197

DSC_0198

DSC_0199

食べてみた感じ、再現率はハンパなく高いです!薄い方の増しチャーシューではなく分厚い方のお肉の再現モデルになりました♪

おわりに

2時間以上かかりますが、この豚の角煮程は時間をかけずにできるし、他のものを作りながらできるものでもあります♪ コンロの口が足りない場合はこのようなものを使ってやっても十分できますので気軽にチャレンジしてみてください♪

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!