ラーメン 京都 名店の味

あえて言おう!つけ麺には存在意義があると!!って話

2016/09/23

こんにちは!最近食に関する話題ばかり書いてるような気がする満腹・・・満足愛宕提督のともです(・ω・)ノ
金曜に友達と京都のラーメン研究所ってところに友達(以下Pくん)と行って話した内容でちょうどそんな話をしたんです。
そのPの友達曰く「わざわざ麺とスープを分離する意味が分からない」とのことで何も返す言葉が見つからなかった・・・とのこと。

ならば!元々はムシナーの端くれくらいまでは無心というつけ麺屋さんを愛しているオレが記事を書くしかないな!!(生まれた意味を知るという意味でBGM付きでどうぞ♪)

アツ盛はオレも分からない

先にオレが言えないところについて述べておきます。 わざわざスープと分離して盛った麺が温かいアツ盛に関しては残念ながらオレもその存在意義を見いだせていない。
なぜなら、COOLな麺とHOTなつけ汁のコラボこそつけ麺という食べ物が本当に輝くのだと信じているからだ。
強いて言えば、スープ割で鯵の変化を楽しむ程度でしょうか・・・(^_^;)

では、次の見出しで冷や盛つけ麺の魅力と存在意義を存分に語ります(^^♪

COOL&HOTの魅力

まず、麺が冷えていることにより、ラーメンよりも面が伸びるスピードが緩やかだという点はラーメンにはない大きなメリット。ゆっくり食べても麺がくたびれないのはとてもありがたい!
次に。これは店にも寄りますが、具材が麺側に全てもってある場合、または一部がもってある場合具材の使用タイミングを自在に操れるという点にあります。特に後述するチャーシュー。 つけ汁につける時間、スープ割による変化。その楽しみ方について、すべてこちらのタイミングで能動的にコントロールできるというのが冷や盛つけ麺ならではの大きなポイントです。 最後の見出しの下に紹介するなん店舗かの京都のお店では特にその意義を感じてもらいやすいのではないか!

というわけで、つけ麺の存在意義を味わってもらうためのラーメン店を紹介してこの記事の締めに致します。

レアチャーシューが美味しい!つけ麺の存在意義がわかる美味しいラーメン屋さん

そう、チャーシューの中でも特にレアチャーシューを出す店はつけ麺にすることで、チャーシューを自分好みに120%楽しむことができるんです!
今回はそんな京都の名店を紹介しますね☆ あくまでつけ麺の名店としてではなく、食べ比べをすることでつけ麺の存在意義を感じてもらえるお店として。
http://stat.ameba.jp/user_images/20091101/15/appare1/d1/3c/j/t02200165_0800060010293182484.jpg

http://stat.ameba.jp/user_images/20091101/15/appare1/d1/3c/j/t02200165_0800060010293182484.jpg

京都を代表する名店オブ名店!営業時間の厳しさと他を圧倒する旨さに定評のあるこのお店でも是非ともラーメンとつけ麺の食べ比べをしてほしい。特につけ麺の存在意義について疑問を持ってる方に。

ここも同じようにレアチャーシューを存分に楽しめるお店です。 どちらもオレはラーメンの方が好きなお店ですが、チャーシューな気分の時はつけ麺をチョイスします♪

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-ラーメン, 京都, 名店の味
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,