仕事 教育 消耗 社会 重オタクオピニオン

ネットで稼ぐから楽?楽なのになんでやらないのかな?かな?って話

2016/10/29

こんにちは、重オタクブロガーのとも提督です!
さて、今回は記事書評です♪
この記事を読んで、大多数の日本人が何に尊さや価値を感じるのか。なぜ、ネットで稼ぐということが受け入れられないのか?なぜ、サラリーマンという立場に固執するのか?という事が具体的に見えてきました。

では、引用しながら書いていきましょう♪

マジョリティは馬鹿である。歴史の教科書が教えてくれてるよ?

まず、マジョリティとはどういう存在なのか。そう、「その他大勢」です。
例えば江戸城を建てるために働いた人の名前が全員載ってるわけでもなく教科書には「徳川家康」と載るだけじゃないですか?
日本史や世界史での「農民」や「プロレタリアート」ってどういう扱いでしょうか?いつも不当に搾取されたりいつも何かに苦しんでません?
権力者の掌の上で踊らされている「バカ」という役・存在。それが大衆というポジションです。そして、「その他大勢」というポジションです。

当然、馬鹿とそうでない人の持つ常識は違ったものでないといけません。大多数の馬鹿に自分たちをかつがせるシステムとして教育や常識というものを作り上げていくわけなんですね。

「汗水たらすことに価値がある」という常識

これの何がバカなのかを説明しましょう。
「汗水たらす」≒苦労する≒苦しむと言う風に訳してみると「苦しむことに価値がある」ともとれるんです。つまり、「お金を稼ぐには苦しみが伴っていなくてはならない」と言うわけですね。そして汗水たらすと言うある種の清々しさを感じる言葉に置き換えて印象をよくしたため、「苦しみという稼ぎに何ら関連しないようなものに価値を感じる」と言う不可思議な現象が発生するわけです。
面白いのは確かに大衆の99%は「苦しそうに」仕事をして「苦しい生活」に甘んじているわけです。「みんなそうだ!」がまかり通るお膳立てはこれで完成なわけで、あとは異端を同調圧力で潰し合わせるように仕向ければ都合よく掌の上で転がってくれる馬鹿の集団が完成するわけです。
「厳しさ」も「苦しみ」につながる言葉なのでこれもまた大多数の人間にとって尊いものとして受け入れられているわけです。結果不必要に仕事内容や人に接する態度を「厳しく」して不必要に「苦しみ」を相手に与えることにウエイトを置いて稼ぎというものはそれほど重要視しないという言動・姿勢という形になるんですね
加えて、驚くほどに洞察力や観察力が錆付いてますから表面的な言葉に踊らされて中身のない批判や誹謗中傷、市民裁判に熱中するんですねwアフィリエイト=悪!!って声高に叫ぶ集団のようにw

だから、汗水たらして・・・とか抜かして額面通りに汗水たらして消耗してる人にはネットで稼ぐなんて楽にしか見えないんですね。
そして、自分も真似をすれば楽が出来るのになぜか叩き潰そうとするわけですw目に見える苦労しか苦労と認めないとかホンマに浅はかです。こういうのを井の中の蛙って言うんや。
こんな言葉をご存じ?「火の無いところに煙はたたぬ」(←ダージリンさんもこう言ってますよw
ビジネスをする上で大事なのはあくまで稼ぎです。ゲインです。収益です。

そこからブレた考えは全てバカな考えなんです。

おわりに

ネットで稼ぐという経済活動にもまた創意工夫が必要です。パッと見では見えないだけではっきりと稼ぐだけの作業量が陰にはあるのです。また、ラクそうだからと初めてさっさと挫折してブログをやめる人というのも、一部の人が表面的に楽して稼いでいる部分ばかりしか見えていないためにそうなっちゃうわけなんですね(^_^;)
同時に、「苦労は見せるべきものだ」という価値観に毒されているせいでもあるでしょう。
自分の場合もある種「ラク」に惹かれているのは確かです。給料という「毎日8時間キッチリ働き続けなくてはもらえない物」にすがるのは心許ないんでぶっちゃけ苦しいです。
印税のように「これまで働いた蓄積が理論上無限に富を生み出し続けるもの」という構造のモノに惹かれたわけです。それが一朝一夕で出来るモノではなく勉強や努力、才能というものが作品の良し悪しとしてダイレクトに反映されると言う点も気に入ってやってます。積み重ねて終わりではないと言う点を考えればブログで稼ぐというスタイルは現実でやる商業活動と同じく、創意工夫も努力も求められる世界であることに変わりないんですね(^_^;)

あと、別口への言及になるのですが。記事が「資産」になると言う点も考慮すればブログ等で稼ぐ=老後軽視という主張はトチ狂っているという事も明かしておきましょう!資産の意味が解らない人はググりましょうwそれではまた

TechAcademy アフィリエイトのアクセストレード

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-仕事, 教育, 消耗, 社会, 重オタクオピニオン
-, , , , , , , , , , , , ,