【固定費節約】住環境と旅と通信設備の選び方 │ 陰キャのモテ道オンステージ
【固定費節約】住環境と旅と通信設備の選び方

Wimax×地方都市は最強 by守銭奴提督

地方都市ならWimax一強!

使い放題で、工事不要、移動機に出来て家賃節約さえ狙える!

ホームルーターL01Sと移動式ルーターの2種用意されています。

ルーター端末はファーウェイ製がオススメ。

使いやすさも挙動もNECより格上です。

auユーザーがスマートバリューmineでスマホ代が934円ダウンの優遇アリ。

「ギガ放題で物無制限に。 ライトプランで出費を絞る」

といった形でプランを変更しながら賢く使えるのも嬉しいですね。

あとはキャッシュバックや割引など優遇制度が大きいのも特徴です。

ただし、事業者ごとのバラつきが激し目。

なので選ぶ時は複数の業者と比較することになります。

メリット→地方都市圏は強い

通信速度はアパート備え付けの回線にはやや劣ります。

が、家賃の圧縮も狙えることを考えるとデメリットは呑めるものかと。

3日で10GB超えたら夕方~深夜帯に低速制限が掛かります。

専ら通常のブラウジングのみなら丸1日繋ぎッぱで3GBも行かないですがね。

 

動画やネトゲに走らなければ十分に使えるでしょう。

接続も、地方都市や大都市の地上でなら何不自由なく使えます。

デメリット→田舎や山間部、地下に弱い

対象エリアなら色がついてますが高知県などは丸裸同然。

京都でも亀岡以北が怪しい感じです。

都市部でも地下は電波を拾いにくいですね。

スマートバリュー提携してるだけあって電波はau系。

docomoほど強くありません。

WiMAXまとめ
山間部や地下だと使えない子になる。
地方都市の地上とかだと頼れる同志

田舎に旅行する場合

格安SIMを用意してにルーターにin。これだ!

ならば、通常のキャリアの電波を使う方が強いですね。

通常のwifi=格安SIMと言ってもあながち間違いじゃない。

なので、ルーター端末に格安データSIMを搭載することになります。

4500円ちょい出せば20GBまで使える。

ですが、実際はもっと合理化できます。

よく使うサービスに合わせて「~フリー」を選べばね。

ウチ、動画めっちゃ見る派

動画も音楽もガッツリ派なら↑が一番充実してます。

6Gデータ+エンタメフリーなら2430円/月で利用できます。

テザリングで対応して余計な端末を増やさない、というのも一つの手でしょう。

エンタメフリー対応してるのは、Youtube、Abema、U-NEXT。

音楽ならGoogle、Apple、AWA、Spotify 、Radiko、Amazon

もっと絡みたい!SNS超大好き!

↑なら1110円/月で3Gデータとコミニュケーションフリーが利用できます。

SNSフリーを搭載したDMMモバイルだと10円安い。

ただし、どういうわけかSIMそのものが遅いので速度は期待できません。

精神衛生を考えるならLINEモバイル一択でしょう。

まとめ
用途に合わせつつフリープランを駆使して通信量と費用を漸減しよう

田舎に住む+Poket wifi?

うん、光回線を引こう。

回線はNTTのほうが安定し、不具合が少ないのでこちらを採用するのが妥当かと。

光回線の工事費は月々の利用額に吸収される契約になります。

また、キャッシュバックキャンペーンも用意されています。

Wimax同様、業者によってバラつきがあります。

質・サービス、キャッシュバック

で総合的に安定してるのはCMでおなじみ「SoftBank光」ではないかと。

 

おわりに

都市+賃貸ならWiMAX。田舎定住なら光。

というのが選び分けのポイントではないかと。

旅行は格安SIMとWiMAXで行き先によって対応を臨機応変に。

特に、web中心で仕事してる人はそのセンス次第で仕事の質にも大きく影響を及ぼすでしょう。

住環境も含めてオススメするなら地方都市の賃貸+WiMAXですね。

半端で無個性ではありますが潰しも効くしお得。

移動にも不自由がないというのは素敵だとは思いませんか?

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!