住環境と旅とポケットWiFiの選び方

住環境と旅とポケットWiFiの選び方
てーとく
あなたは悩んでいる、田舎でのポケットWifi選びに!
てーとく
だが、ぼくを見つけたからにはもう安心だよ!

ぼくがあなたを一瞬で田舎や地下に強い通信費節約のプロにしてあげる!

徹底的に知識を盗んで田舎の電波事情ならではのお悩みとオサラバしよう。

さあ!ぼくと契約して、通信費節約のプロになろうよ!(魔法少女かよ!)

※この記事は18年9月23日に全面改修しました

WiMAXの泣き所に効く回線

田舎の電波事情に強い良コスパポケットwifi

地方都市ではWiMAX「は」最強

地下と田舎中心の人は?

WiMAXは確かに強い!

真っ当に使えればこれほどコスパの良いWiFi用回線はないとさえ言えるほど。

ですが、電波をカバーする範囲と地下に弱いという弱点があります。

アコム返済に苦しめられて島流しに遭ったりすると、電波にも苦労すると言います。

こういう景色の綺麗な場所に住まいが欲しいという人にとっても補完すべき課題でしょう。

あとは、地下が充実した名古屋や東京。

京都の衛星都市の山間部で苦しんだことがあるので、雛見沢村みたいなとこで仕事されてる人も。

 

田舎でも快適かつお安く提督業するには?

・大容量ポケットWiFiという選択肢

「大容量ポケットWiFi。」

これで補完できます!

実際、WiMAXで測定したところ、PCでの通常のブラウジングで0.03GB/h(実測)

30GBプランで契約なら1000時間(約41.2日)はPCでも使えますね。

もっとも、ヒトは24時間起きてるわけじゃありません。

なので多少ぜいたくな使い方も出来るでしょう。

まとめ
ブラウザゲーである艦これくらいなら安心して使える手段

田舎でお安く提督業ができる意味

東京や雛見沢でもバリバリ活躍!

田舎に住む人、首都圏や名古屋経済圏勤務の為、地下移動が多い人。

山間部で仕事する機会の多い土木建設業に従事する人の生活に最適です。

WiMAXの場合、専用の回線を使用していますが、ポケットWiFiはスマホと同じ電波を使用。

なので、エリア範囲もスマホと同等に広く、地下での優遇を受けられる。

WiMAXで対応しようとすれば月+1000円を上乗せ。

その上、au電波なので焼け石に水となってしまうのです。

まとめ
田舎やコンクリートジャングルでの暮らしには大容量ポケットWiFi

 

おわりに

WiMAXと同じ価格帯なら

ネクストモバイルの大容量ポケットWiFi一択でしょう。

支払総額(2年)の価格帯が8.4~6諭吉。

これはWiMAXでもかなりお得な部類の価格設定です。

田舎と地下で1日の大半を、1年の大半を過ごすならWiMAXよりもこちらが快適なのは間違いないでしょう。

住む環境に応じて回線を選ぶ。

通信費という固定費を上手に節約するためには必要な知恵ですね!

田舎と地下の住人に。

田舎と地下の住人向け回線

あわせてよみたい(WiMAXとポケットwifi)

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!