昭和の常識に従って生きるのに必要なお金を計算してみたンゴw

昭和の常識に従って生きるのに必要なお金を計算してみたンゴw

勝利条件:MARCH以上な?(条件を達成するための必要コストとは・・・)

この記事は18年3/30に全面改修しました

【目安:GT-Rを1台ぶん】まず、進学に必要な学費の話をしよう

公立小+保育園+SAPIX+開成+鉄録会+大学=282~318+1200+300~800(諭吉)

まず、SAPIXから灘や開成といった名門狙いのコースから外れてはいけません。

そもそもMARCH以上をアウト・オブ・眼中にするのは学歴フィルターを完全排除して大企業へスンナリinできないとぼくみたいに大卒でも中小零細にいいように使われるところから始めなくてはならなくなるから(量産型コースを地でいく場合)

だからこそ、ここでしっかり進学に必要な金額を把握しておく必要があるのです。
一般的な人生を子供に送ってもらえることを考えて産もうと思うならね。

小3からのSAPIXが25+48+61+72=206(諭吉)、開成で42+5.1*36≒226を2倍で452(諭吉)、鉄録会で500諭吉ほどなのでここまでで1.2K諭吉は必要です。

次に大学ですが4年かけて東大で300諭吉、慶応で800諭吉くらい学校に納めなくてはなりません。

しかもまだ、小学校と就学前教育の費用があることを忘れてはいけません。
小学校6年間(公立)で35*6=210諭吉+3*12*2~3=72~108(諭吉)で282~318諭吉かかるのです。

まとめ
学費だけで最低でも1782諭吉=最上級グレードの日産GT-R1台ぶん程度

次に出産費用とチャイルドシートなどの用品代な

まず50諭吉ほどいるよね?

入院に必要な用品代が3諭吉ほど、新生児用の初期装備に17諭吉ほどかかり(参考)、それに加え入院費等が先ほど述べた50諭吉ほどかかります。(妊婦が国保に入っていれば50諭吉は8諭吉ほどまで一時金で相殺できます。)

チャイルドシートとベビーカーはAmazonでレカロブランドのを参考に価格を設定しました。

話は脱線しちゃいますが、一時金がフルカバーではなく、8万円程度だけ残すよう設計されているのはきっとサイコパスの人が生む→嘱託殺人を無限ループして稼ぐ手口を使えなくするためかも、なんて思ってしまうのは危ない考えでしょうかw

まとめ
出産で30~70諭吉かかる

食費とお年玉とプレゼントをだな・・・→まだ東京で消耗してるの?

+3000JPY/週と3.2諭吉/年ってところか?

まず、食費を整理すると食べ盛りなので週3000円は負担すると見て良いでしょう。

よって1.2諭吉/月→15諭吉/年で、プレゼント系費用と合計すると20諭吉/年ほどかかる。

よって、食とプレゼントは440諭吉/22年ほどを計上することになりそう。

地方から開成とかからのMARCH、東大に行くなら当然、下宿費用も3諭吉はかかるし越県通学するなら1/2ほどの交通費も要るでしょう。

地方民の開成通いなら東京住まいの賃貸と交通費が必要になるので家賃7+1諭吉/月ほどは必要でしょう。

よって、8×12×10=80×12=960諭吉+440諭吉で1400諭吉となかなか重いコストがのしかかりますね。

まとめ
ランニングコストだけで1400諭吉?←まさに「まだ東京で消耗してるのwwwwwwwwwwww」

おわりに

これからを昭和の価値観で生きていくために必要な費用→1400+30+1800=3230諭吉/人

こういう足し算の式を書くと、シンクロ召喚を思い浮かべ、シンクロ口上を考えたくなるのはデュエル脳ならではでしょうかw

てーとく
レベル1400のチューナーモンスター、ランニングコストンに、レベル30の出産費用!レベル1800の大企業の使者ガクヒをダークチューニング!!
てーとく
集いし負債が一つになる時、ここに新たな社畜を産みだす 死へと誘え!ダークシンクロ!!
てーとく
出でよ我が分身!東京の社畜ムスコ!!!

ちな、3230万円あると家買えますし、クルマならNSXとGT-Rのエントリーグレードを1台ずつ、1台ならフェラーリやロールスロイスを買えますね。

昭和らしくバブリーな数字で草生えますw
これで親孝行してくれても貧相な老人ホームを無理して用意してくれる程度だし、それすら期待できない。

昭和という時代の素晴らしさに思いをはせてものを言ったり、安易に昭和の価値観に染まった環境で子供を作るような真似をすることについてぼくたちは間違いなく自分の頭で考えなくてはならないでしょうね。

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!