イケダハヤト ブログ まだ東京で消耗してるの 人物 仕事 努力論 時事 格差 消耗 社会 重オタクオピニオン 重オタクビジネス論

【イケハヤ氏に学ぶ】努力の活かし方

乾ききった努力論の持ち主、重オタクプロブロガー・とも提督です

ぼくが努力を語ると徹底的に見も蓋もなさすぎる上にやおい(山なしオチなし、あ、意味はあるかwww)な話になっちゃうことを述べていってしまうので多くの人にとっては生理的嫌悪感を覚える内容になってしまいますw

ブラック企業で3日間オフィスで寝泊まりしたとか、7時間ぶっ続けで飲み会してたら<いや。俺は15時間ぶっ続けで酒をな・・・的な話題を武勇伝にしてる人なんかは蕁麻疹出るレベルで嫌になると思います(^_^;)

 

閲覧注意(?)wwwwな記事一覧

 

 

今回は「努力を結果にしっかり無駄なく伝達させる」「空点を減らす」をテーマに書いていきます♪

いい車っていうのはエンジンパワーを余すことなくタイヤに伝達させるクルマですから♪、そうだろ?

すぽんさーどりんく
 

脱・男気カルチャー。脱・武勇伝

ぼくはこの記事読んで発作的に今、記事を書いてるわけですwww

戦術的勝利<戦略的勝利って人なんですごく響く言葉だらけだったんです(*'▽')

脱・上が下をコントロールしやすい世界

直木賞作家とか芥川賞作家とか、ボクシングやプロバスケのなんたらチャンピオンとか多くの人がある権威に群がる構図ですね。

権威なんか無視して「世界一を目指す」ってだけなら簡単です。

ここに載ってるチェスボクシングとかセグウェイポロとかwwwマイナーな世界に飛び込んでひたすら己を鍛え上げれば競争率低いから比較的容易ですし、もっと極悪な話にするなら、自分がスポーツそのものを生みだして「俺いっちばーん♪」って言ってしまえばイイわけですからw

(ッてゆーかこの酒セットほしいな・・・いい料理ができそうだし、オレ、提督だしwww)

青木:僕は、その点の嗅覚があるんです。

周りの格闘家がみんなアメリカを目指す中でアジアに行きました。「アメリカ市場でアジア人に座らせてくれる椅子があるわけないだろう」と思うんですよね。

引用「まだ東京で消耗してるの 記事より

こういう感覚がないと努力ってすぐ空転を起こしてしまいます。

エネルギーの無駄です、ムダ。

無駄無駄無駄無駄ムダムダ無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄ムダムダムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダム無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダ無駄無駄無駄無駄ムダムダムダムダムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄ムダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄ダムダムダムダ無駄無駄無DAMダ無駄無駄無駄無ダ無駄無駄ムだ無駄無駄無ダムダ無駄無駄・・・・・・・・・・・

人は平等ではない。というのは真理だと思います。 だからこそ、不平等であるがゆえに一番自分が輝けるステージを見つけるのが本当に大切なんです。

休むの難しい・・・確かにwww

今もこうしてリビドーに任せてこんな記事かいてるわけですから(^_^;)

青木:でもね、休むのは難しいんですよ。

なんでかっていうと、僕でいうと練習は好きでやってるじゃないですか。

イケダ:あぁ、そうなんですよねぇ。ぼくもトレーニング好きです。

青木:あと、ほかのやつがやってるのが怖い。

引用「まだ東京で消耗してるの 記事より

こんな欲が出てくる。 好きでやってる 他の奴を出し抜くには・・・と思うと結局キーボードをたたいてしまうわけで(^_^;)

レースの世界でいうピットストップだって少なくて短いのが勝つ

批判は大事

なおすんじゃなくてむしろ悪化する。批判されたからこそむしろやるって意識はとても大事です。

少し前にぼくは命への冒涜だと、批判に負けて魚5000匹を生き埋めにしたスケートリンク閉鎖へ一言申しました。

今もこんな感じで議論が続いているみたいですが・・・

やらないと判断にしたのがスペースワールドの経営者なら、実におろかな経営判断だ。といって差し上げますw

人を大量に呼び寄せるのは商売の基本です。 批判されたのにやりやがった!!という話になれば野次馬が客として一挙に押し寄せるでしょう。

撤去にだって労力とお金はかかります。人員整理とかに回した方が収益につながるじゃないですか。

食とは別のカタチではありますが、食にするよりも凍らされた魚たちは大きく「命をつなぐ役割を果たす」わけです。

従業員とその家族の命をつなぐというカタチで。

企画を完遂した後は新たな層が期待をぶつけてくるわけです。「次はどんなカオスを見せてくれるんだ?」と。

やめたらそこで終わりなんです。

話題性も。収益化も。魚たちの犠牲の意味も。

おわりに

休むって本当に難しい・・・(^_^;) 今から休もうwまだ遅くないはずだwww

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

すぽんさーどりんく
 

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-イケダハヤト, ブログ, まだ東京で消耗してるの, 人物, 仕事, 努力論, 時事, 格差, 消耗, 社会, 重オタクオピニオン, 重オタクビジネス論
-, , , , , , ,