【恋仲を2年以上続かせる方法!】ミスをしたら相手を怒るな

【恋仲を2年以上続かせる方法!】ミスをしたら相手を怒るな
童心を忘れないことに定評がある手の施しようもないオタの重オタクプロブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

今回は恋人や夫、妻など、パートナーと長くうまくやっていく方法についてお伝えしていきます!

すぽんさーどりんく
 

芸能界では・・・

タレントのヒロミ一家がBBQをしていた時、松本伊代が肉に塩と間違えて砂糖をかけ、伊代がミスに対して「開き直った」ためにヒロミは激怒し、「1か月クチをきかなかった」という期間があったというニュースがありました。

「殺される」という無用な緊張感

伊代もこの件に関しては反省していたが、同じ河口湖の別荘で犯したさらなる失敗もあった。「絨毯に大量のコーラこぼしちゃったんです。これは絶対、殺されると思って、必死に必死に拭いて、行く度にシミが浮いてないかなと点検しています」と告白すると、ヒロミは苦笑いを浮かべるしかなかった。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000099-dal-ent

「ヒロミさん、ミスに対しての寛容さがあまりないんじゃないか?」と、ぼくは思わずにはいられない。

ぼくは繁忙期4か月目に突入し、今も息つく間もなく仕事の処理をしています。 今月になって予定調整なんかが減ってくれているので非常に助かっているんですが、先月は直近のイベントの予定調整も仕事の処理も製作物の製作も・・・と一人で毎日大量のマルチタスクを抱えていてカレンダーを見ることすら嫌気がさしていました(笑)

そうなるとヒューマンエラーってめちゃくちゃ増えるんですよ。 精神論でも工夫しても意志力を湯水のように使っても、止まらないんですね(^_^;) ブレーキの壊れた車を転がしてるみたいに。

大御所タレントって忙しいじゃないですか?

そうなるとヒューマンエラーが増えるのは無理がないよなー、って想像はたやすくできるんですよ。

「殺される」なんて雰囲気の下ならなおさら悪化します。

ミスに対する姿勢

ミスというのは過失なんですね。

原因って注意力散漫だったりするわけなんですけど、これって脳や神経に対して過重な負担がかかっているため働きが鈍る⇢注意力の散漫」という順序で発生するものなんですよね。

そもそも「精神論」では止められません。

「怒って1か月口を利かない」という選択はダウトで、新たなミスを生むだけでなく、信頼関係にもひびを入れる愚行なんです。

パートナーとのケンカをうまく乗り越えた例

有名ブロガーの「ジャンプ力に定評のある前田」さんのご両親がすごく上手にお互いの不満解消をしていらっしゃるんですよ!!

「ケンカするときは絶対に笑顔でやること」を徹底され、大きなケンカに発展させることなく大小あらゆる不満をすべて上手く乗り越えたという例が紹介されています。

前田さんの実家エピソードはぼくも大好きで、読んで即、こういう空気を家の中に作ろうと心に決めたほどです。

ぼくは『諭す』けど怒らない

ぼくは、彼女に対して「これって違うよね?」と感じた時はまず「受け手になる」んです。徹頭徹尾。

これはミスを洗うためじゃなくってちゃんと話し合うために彼女の中にたまっている余計なストレスを抜いて冷静になってもらうための処置なんです。

アドバイスはお金と働き方などの得意分野だけ

アドバイスってすごく押し付けになってしまいやすいんですよ(^_^;)
「社会人になったら困るから直さんとアカンで!」(←うるせぇwデケぇ世話だよバーカw)とか「お前のために言ってやってるんだ!!」(←オメー何様www)「俺は見込みのあるやつにしかこんな風に言うことはないんや!」(←権威づけが謎すぎて草www)って感じでwww

どうしても発散したいときはオタクがまくし立ててるだけって感じで話しますwあんまり定義づけもしないですし「アドバイス」にしないためにw

アドバイスとして話すときは「求められているとき」「ブログ書いてるとき」だけにするように心がけています。

「オレの言うことを聞け」ではなく、あくまで対等なパートナーとして接する意識を持っています。間違っても「怒る」っていうのはよほど意味が出てくるシーンでしかしないですね。怒るって手段そのものが嫌やしw

ストレスが爆発しそうな時は・・・

どうしても怒りに支配されるなこりゃ・・・と思った時は分厚いコンクリ製の壁に蹴り入れてますw

モノにあたるというやり方自体あまりいい方法とは思っていないので「本当にスグにガス抜きしないと不都合が出る時の緊急スイッチ」みたいな扱いですw

急を要さないときはスグ「寝」ますw 寝・逃・げでリセット
ですwww

おわりに

ぼくは規制万能説と同じでパートナーのミスに不寛容な姿勢って「常識守れよ(同調圧力)」な空気の中で生まれると思ってるんです。確信に近いレベルで。

みんな試行錯誤を許さずに、失敗したやつ見かけたらわらわら集まってきて様式美みたいに「ギルティ!ギルティ!」って合唱し出すんですよ。。。

ああ、気持ち悪い(笑)

ぼくは試行錯誤もやめないですし、失敗もたくさんしていきますw

その分、ぼくは相手がそうすることを快く受け入れますw 彼女だって、ぼくのやりたいことを素直に応援してくれるからこそ、ぼくもまたそう思えるのですから。

ぼくが今の彼女と出会うまでは長続きなんてできませんでした。

過去の頭カタかったぼくは「怒って」「鬼メして」「常識守ることを迫って」「詰問した」ために相手を不快にさせ続けたせいで失敗したのですから。

過去の最長記録だった人にはほんと申し訳のなさMAXですよwww

ああ、恥ずかし(笑)

すぽんさーどりんく

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!