パソコンの雷対策~必要な理由と対策~

パソコンの雷対策~必要な理由と対策~

PCで仕事する人間にとっての雷とは?

この記事は雷のシーズン真っ只中!18/9/1に全面改修しました

すぽんさーどりんく

パソコンと雷対策

雷対策タップが売ってる理由

雷は直接おちなくても危険です。(=直撃雷)

例えば、サッカースタジアムのど真ん中に落ちたら地面の中を雷の電流が走る。

それによって選手全員が感電して病院送りになる場合があります。

それと同じことが電線やアンテナにも起こりうる、というわけです。

周囲に発生した過剰な電圧が電線にのってぼくらの家までやってくる。

=PCや家電を壊しにやってくる、というわけです。(=誘導雷)

ですので、ぼくらは決して安くないPCを使うために雷対策の必要が大いにあるのです。

雷がPCを故障させる:詳細

雷によるPCの故障は主に以下、2つのパターンである場合が多い。

1つは、家電と同じ、電線を走ってきた過電流そのものが原因の場合。

もう一つは、雷サージ。
急な停電のせいでHDDが傷んでしまう場合。

故障に対応するためにもぼくらは2つの被害についてよく知る必要があります。

適切な対策を行うためにも。

コンセントを抜こう【基本中の基本】

雷サージタップと二段構えがgood!

雷対策タップはあくまで対策。

外出先から帰ってくるまでのつなぎと心得ましょう。

家にいるときはコンセントを抜くのが鉄則です。

コンセントだけでなく、LANも抜くに越したことはありません。

雷が走るのは電線だけでなく、電話線や光ファイバーケーブルも、ですから。

まとめ
作業はできなくなるけど、嵐が過ぎるまでの間はガマンしましょう。

雷なってるけど作業したい!

バッテリー駆動機体の本領発揮!

雷対策の項目でお伝えした通り、LANもコンセントも落とすべき。

なので、どっちもリスキーすぎて使えません。

イケハヤ氏あたりは「リスクを取りましょう」とか言いそうですがw(言わない)

リスクの取り方はデスクトップPCとLAN使用の強行だけではありません。

バッテリー駆動で動くノートPCとポケットWiFIで対応すればいい。

ブロガーならどっちもメインウェポンとして使えるくらい優秀な道具です。

まとめ
(雷に)当たらなければどうということはない(キリッ

ノートPCのススメ【雷対策】

バッテリー駆動機の本気!見せてやる!!

ぼくの購入したASUSノートパソコンは雷対策としてもいい働きをしてくれます。

動作は機敏ではないもののブログ作業するには十分なスペックです。

本体も薄くて軽いので外出先での使用に便利です。

低スペック機なので通常のネットサーフィンで出来る範囲の使用に向いてます。

バッテリー駆動なのでバッテリーの充電に気を配って使用しましょう。

ぼくのASUS機は確かにバッテリーのもちが優秀ですが、過信し過ぎないよう使ってます。

Apple Watchの使用において、充電忘れで何度も痛い目あってますからね。

ノートPCで対策するなら?
ハイスペPCならmacbook一択(真顔)/ロースペでいいなら安くて薄いのを買おう!
夏場はこまめな充電を。

ポケットWiFIならWiMAXがいい理由

WiMAXの歩き方~都市での通信費節約術~

コスパと運用の柔軟性で圧倒的にお得なLAN。

WiMAXが他のwifiと決定的に違うのはギガ放題の存在。

ギガ放題はwifi版のパケ放題プラン。

3日で10G超えると制限は掛かりますが検知した翌日の18~26時だけ。

連日で超過してなければ制限はすぐ解除されます。

費用面の話をしましょう。

例えば、SBの廉価ブランド・Yモバイルでは3700円/7GB、2480円/5GBです。

WiMAXなら4000円/月が相場ですが、10GBを超えての無制限利用ができます。

PC繋いでも安心というヘタりのないパワフルな運用もできるのが心強いですね。

制限を気にすることなく使えるWiMAXは夏の雷対策として非常に優秀なのです。

夏は通常の夕立に加え台風、ゲリラ豪雨など、雷が活躍する場面は多いですし。

 

おわりに

雷タップ+ノートPC+WiMAXで鉄の守りを!

デスクトップ本体はコンセントの抜き差しと雷タップの二段構えで守る。

LANケーブルも忘れずに抜くこと。

その間の作業はWiMAXでノートPC繋いで行えば遅滞はないに等しい。

雷対策はブロガーや動画配信者にとっては必須の夏対策と言えましょう。

雷だけでなく、熱中症などにも十分お気を付けください!

最強コスパのWiMAX


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!