【超速調理】無水鍋で作るおせち料理

【超速調理】無水鍋で作るおせち料理

添加物・正月価格。あ、ありえない・・・(((;゚Д゚)))

料理男子のリア充オタク、重オタクブロガー・とも提督です!

お正月前に立ちはだかる関門といえば、正月価格で売られているおせち料理の中身とセット。そしてそお中に盛られている添加物の数々。

その上、通常の道具で自作する場合だと、調理時間が丸1日とか言う悪魔の時間に変貌します。

時短で頭をお抱えの自作erな方々のために調理時間を短縮する魔法の調理器具「ステンレス製無水鍋」を使ってこれらを作る時間を破壊的に削ってしまうことを提案しちゃいます!
 

目次

おせきはん!

縁起物として食べたいね!

和菓子屋さんのはもち米を使ってるけど、普通のお米でも十分炊けます。

もち米がベストですが、かなり割高なので、代用するなら粘り気のある「コシヒカリ」がいいでしょう。

ざいりょう!

・小豆(大匙3)・水250cc・塩(小さじ1)・米(300cc)・ゴマ塩少々

レシピ!!

1.鍋に水と小豆を入れて中火に。沸騰したらとろ火で25分

2.米と塩を投下

3.別の器に移し、鍋にスティーマ(底に穴の開いた内鍋)をセット。

4.鍋の底に2cm水を入れて沸騰させ、スティーマーにもち米などを入れ、再沸騰。
再沸騰の後、とろ火で10分。その後火を止めて5分。

紅白なます!

それは!祝い料理という表現!

鍋自体がいらない料理なので、コンロが満杯の待ち時間にでも作ろう。

ざいりょう!

大根と人参5cmずつ・塩(少々/小さじ1)・酢1/4c・砂糖(大匙1)・塩ゴマ、七味(少々)

レシピ!!

1.大根と人参を千切りし、塩もみ。

2.しんみりしたら水きって調味料を和える。

 

だてまき!!

既製品と大きく違う甘さを、キミはもう体験したか?

スーパーなどで一般流通しているものは人工甘味料漬けでどうも甘さが薬っぽいんですよね。

ですが、自作すれば本物の伊達巻きの甘さというものを再認識させるほどの違いに衝撃を受けることは間違いありません

ざいりょう!

・卵6・はんぺん1・砂糖(大匙3)・酒、みりん(大匙1)・油(小さじ1)・塩少々

材料はありがたいことにすべて正月価格から外れているものばかり!

レシピ!!

1.油以外の材料をフードプロセッサーで刻んで混ぜる

2.フライパンに油をひいて1を焼く。中火で10分

3.巻き簾で成型

 

たたきごぼう!

たたきごぼう!
色彩は地味でも立派な縁起物。

ざいりょう!

材料

・ごぼう1・醤油と砂糖(大匙1.5ずつ)、水(大匙2)、砂糖(大匙1.5)・ごま、山椒(少々)

レシピ!!

1.ごぼうを4cmカットして酢水に

鍋にごぼうと水を入れて中火。沸騰したらとろ火で3~4分、調味料を和える。

 

くろまめ!!

衝撃的な格差を感じる甘さ

既製品のが薬の甘さだったことを認識させられるのは伊達巻きだけではありません。

黒豆もまた、既製品だと甘さの違いに大きな格差を認めなくてはならなくなります。

自作だと伊達巻き同様にすごく上品な味になりますよ!!

ざいりょう!

・黒豆(300g)、砂糖(300g)・重曹(小さじ1/2)・塩(小さじ1)、しょうゆ(大匙2)・水(7c)

レシピ!!

1.サイズが4L以上の鍋に黒豆以外の材料を入れて沸騰。そこで黒豆を入れて再沸騰。火を止めてふたを開けずに冷ます。

2.冷めたら中火で沸騰させ、とろ火3時間。
その間にでも紅白なますを作るのがいいでしょう。

 

おわりに

正直、手間はかかりますが、何といっても調理時間がかからないのが無水調理でのおせちづくり魅力です。

無水調理することでみんながおせちづくりで消耗してる間にブログ記事をストイックに書いてしまう、なんて荒業もできますし。

一度自作で作ると体に悪いものが既製品に入ってることを空だが学習するので、出来あいのを買うとしても自然素材や無添加にこだわったところで注文したい、とも思うようになるものです。

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!