【ブログを始めてみたい人向け】ブログ・スタートアップマニュアル

【ブログを始めてみたい人向け】ブログ・スタートアップマニュアル
重オタクプロブロガーのとも提督です。

今回はありふれた内容ではありますが、「ブログの始め方」について書いていきます。

もくじ

もくじ

~はじまりの村~

どっちで始める?600円/月or無料?

まずは1日1記事10日間。~同時にアクセスアップツールをスタンバイ~

続いたらASPとクリック広告を登録。

有料記事フォームとしてnoteを始めよう

特に問題が無いならBASEを使って記事広告を始めよう(任意)

おわりに

~はじまりの村~はてな村から

はてなを推す理由は至極単純。スマホで更新でき、かつアクセスアップの仕組みが充実している点でオススメ!!(ダイエット成功者のような鋼の意志が無くてもモチベーションが死ににくい)

読者間の相互フォローネットワーク

はてなブックマーク

どっちで始める?600円/月or無料?

「続ける」コツを掴んでいるのであれば無料でも可ですが、基本的には有料を推します。

この理由も単純なもので、物事を始める時はまず、どうしても意志力に頼ることになります。その際に「リスクを背負ってやっている」という気持ちが机に向かわせる原動力になります。負のエネルギーであってもとりあえず活用することが大事になってきます。

まずは1日1記事10日間。~同時にアクセスアップツールをスタンバイ~

持続テスト、適性テストを兼ねて10日間。10記事かくまでは無償の奉仕をしましょう。

・はてぶを開始

はてな登録者最大のアドバンテージと言えますね。ブックマークでブロガーさんや読者さんとつながることでPV数をブーストします。

Twitterに匹敵する勢いを持つ場でもあるので、自分の記事を能動的に拡散させ、他の人の気になる記事にコメントしたりそれをダシに記事を書いたりして活用しましょう。

・稼いでるブロガーさんの読者になる

基本的には下の3選。

まじまじぱーてぃー
今日はこれを証明しようと思う
今日はヒトデ祭りだぞ

あとはそのまわりからお気に入りを見つけ出そう。

・ツイッターのプロフィールを実務的に変える

これがプロ中のプロから見た素人のツイッタープロフィールへの率直な感想です。

どうだ?泣くほど悔しいか?腸が煮えくり返るほど腹立たしいか?

だが青年よ、これが絶望(現実)だ・・・。ターンエンド。

絶望ってのはただ言ってみただけやし、絶望しても始まらんからとりあえず変えてみよう?な(^_^;)?

変え方。(テンプレート)

私は〇〇出身のブロガーで好きな食べ物はXX。~っていうブログを運営(月刊PV数が1000越えたくらいで発表)してます。主に扱う内容→▼▼/××/☆☆/(だいたい5つほど列挙)

詳細なプロフィール記事を用意しよう

有料ユーザーは末尾にASPやクリック報酬アフィのプライバシー・ポリシーを掲載

続いたらASPとクリック広告を登録。

ASP

ASPとは貼付け用の広告を回してくれるサイト。

A8.netが一通り無難にそろって居ておすすめです。

(スマホメインな方はその中のモバ8使っておけばおk)

クリック広告

有料ユーザーであるはてなproとなり、お名前.comで独自ドメインをとってアドセンスに申し込むのもありですが、審査落ちしやすいのでnendも使っていきましょう!A8.netのアカウントがあればすぐに使えるものになります!

有料記事フォームとしてnoteを始めよう

noteを使えば記事の他に漫画や絵、自作曲、演奏なんかを自分で販売することができるようになります。

特に問題が無いならBASEを使って記事広告を始めよう(任意)

BASEの優れた点は無料で登録・利用でき、かつ簡単にサービス販売フォームを製作。クレジット決済機能を装備している点にあります。

デメリットは個人情報をさらすことになる事ですね(^_^;)(まぁ、炎上系とか言われまくってるキング・オブ・ブロガーのイケハヤさんが家燃やされたりしてないだけあって特にデメリットらしいデメリットにはならないとは思うけど・・・www)

この辺りを抑えてればブログで稼ぐ準備はひとしきり完了です。

おわりに

「ブログの始め方」がわからない人は「結構たくさんいる」というのは月に50万以上は稼いでいるブロガーさんの言。

そんなわけでスタートアップマニュアルをぼくなりに書いたつもりです。

進軍準備を終えた諸君!暁の水平線に。。。勝利を掴むのだ

すぽんさーどりんく

A8.netの申し込みページはこちら

広告収入◆¥1000からお支払&銀行振込手数料¥0《アクセストレード》

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!