小学生:いじめられる方も悪い=日本はいじめ問題を解決できない

小学生:いじめられる方も悪い=日本はいじめ問題を解決できない
いじめは社会が変わらない限りなくならない論者、重オタクプロブロガーのとも提督です。

この記事はいじめに苦しんでるけどまだ逃げるという可能性を捨ててない人向けに書きました。

小中学生の3割がいじめに関するアンケートに答え、「いじめられる方も悪い」という回答をしたというニュースが物議を醸してるようですが、ぼくは日本の常識、というより国民性そのものだと認識してるので別段不思議なものとは感じられませんでした。

これが現代日本の常識

というわけでこれが現代日本の常識です。

電通の自殺事件の時だって、自殺社員の上司はパワハラを日常的に行っている異常な状態でした。

学校社会とは今の時代遅れな産業時代の常識によって構築された社畜社会の縮図です。

日本の学校の部活動(特に体育会系)はまさにこのような無駄と徒労のるつぼそのものです

いじめは年に7.5万件超というすさまじいペースで発生しています。
しかもこれはあくまで顕在化したものの数字で、インターネットなどを使った巧妙な手口のものは発覚しにくく、あくまで氷山の一角なんです。

教育の現場では「いじめられる方が悪だ」という歪んだ認識を上手いこと常識という言葉でオブラートに包んで教えられます。

その上で「いじめはいけないことです」と言われ、ぼくたちは日本の常識としていじめというのは黙認されてしかるべきものなのだと教わっていくのです。

 

違うことを許せない社会

大多数の日本人の大好きな言葉は「普通」と「常識」です。

「俺たち仲間だろォ?」的なウザいノリも好きで、梅雨時のナメクジのように鬱陶しいことを抜かすんですよね(^_^;)

「出る杭は打たれる」というイケてない常識をいまだに信奉していて、ひとり違う方向に行こうとするやつがいたらみんな「ビタ1文にもなりはしないのに」みんなで叩いて「みんなと同じ」に仕立て上げようと全力を尽くします。

それで、そうとも気づかぬまま才能を潰しあってるわけですからトチ狂っているレベルで「平等」を盲信しているいい証拠です。

常識や平等(均等)を絶対的価値として盲信して、それを押し付けることしか学ばず、違うことを認めないばかりに未開人化が加速し、取り残されていくのです。

ゆとり世代という生け贄世代。いじめても罪にならないと思われたスケゴ世代

発端は「最近の若者は・・・」なよくあるノリがきっかけでしたし、過去と同じく若者の素行が悪くなっていくから日本の未来は暗いよなぁといわれ、これまで通り、30後半になって若者でなくなったような扱いを受けていくころには忘れ去られていくはずでした。

ところが、「ゆとり世代」というキャッチ―な言葉でマスコミがそういうネタを発信してしまったがため、「この世代はゆとりというろくでもないクズが固まった世代だ」という認識が国民レベルで根付いてしまい、大きな影を落としています。

これは世代レベルでのいじめです。

ゆとりの僕はどう思っているの?

何とも思ってません。

確かに、被害者だと声高に叫ぶことは誰だってできます。
「ゆとり世代だからお前はクズだ」といってしまうのと同じくらいには。

「助けて」という叫びを無限ループしたって無情なほど世の中は変わりませんし、世の常識もまた代わってくれる日は永遠に来ません。

いつだって世の中は弱肉強食で「強ければ生き、弱ければ死ぬ」という自然界の大原則があります。

いち生物である以上、自然の摂理に則して生きることこそが、下らない常識を打ち破る突破口だとぼくは思っています。

常識を捨てようと守ろうと、常識そのものが変わろうと強い人間が勝つのみです。

 

三十六計逃げるが勝ち

というわけで、世の中が変わってくれたら・・・とか考える暇はありません。行動あるのみです。

さっさとしょーもない集団に見切りをつけてバックレましょうwww

無駄を切り捨てた勝利の方程式
みんなと違う希少価値

無駄を切り捨てた勝利の方程式

不登校になってしまい、完全な逃げ切りを図ります。

表面的なその場のイメージだけは悪いですが、みんなという存在ごとみんなが信奉する「常識」という名の無駄と縁を切るという行為なので、生存戦略としてはすごく合理的な判断なのです。

幸い、「建前上」はいじめというのは悪いことになっているので、登校しないことに顔をしかめられようと病欠並みに効果のある免罪符が発行されている状態なので大手を振って休むことができます。

みんなと違う希少価値

みんなと違う見値を強引なやり方でこそありますが、実現することができます。

特技と好きなことにひたすら時間を使って情熱を燃やし、己を鍛え上げ、社会に出た時点でみんなを出し抜くわけです。

一意専心で物事をやる環境を整えることでストイックに物事に取り組み、社会人になってから圧倒的勝利を決める。これが不登校という生存戦略です。 常識が変わるよりも早く快適な環境を手に入れて大きな勝利をものにできる・・・こんなぬるい環境を逃さない手はありません!

おわりに

いじめっ子のみんな!いじめみたいなダッサイことやってる暇があったら勉強しましょうw

でないと、不登校に追いやったはずの負け犬がこの記事読んだために逆転ホームラン決められて泣くことになりますよwww

それでもいじめはなくならないから「逃げる」が最高の武器という状態はしばらく続くでしょう♪

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!