体験談 幸福論 消耗 社会 重オタクオピニオン

社会人として~という前置詞はいらない

言葉を使えば使うほどとても敏感になりますよね、言い回しとかって。・・・なんて最近になってようやく思えるようになってきた重オタクプロブロガーのとも提督です(^^)

「~として」という前置きの言葉がすごく窮屈そうなのでそれについて書いていきます。

もくじ

・もくじ

・人として卑怯だね

・~トシテ在ラナクテハナラナイノカ?

・規範とは

・おわりに

人として卑怯だね

「お前は社会人として~がなってない。」「お前は人として~だからダメだ。」というお叱りのありがたい(棒)お言葉(笑)を頂くことは人生の中で何度もあるでしょう。

今でこそ「ンなこと言われて消耗してるとかwww」って言えるけどその程度のことでも傷つく人はいっぱいいる。かつてのオレも無教養ゆえに「傷つく」って選択肢を考えなしに選び続けてしまったから痛いほどよくわかる。この無駄な前置きが結果としていかに無駄に人を傷つけてしまうのかを。

Youがぼくを人でなしと言うならそうだと答えよう

その言葉でぼくの人生を好き勝手いじくられるくらいなら、ぼくは人でなし扱いされることを黙って受け入れます。

その人とその周りの一部からだけ罵られるだけの話であって60億人すべてが敵になるわけではないから。(60億を敵にするぞ!みたいな言い回しはサギだと思うよ♪)

ぼくも考えなしに使ってしまったことがあるから

つい3年ほど前までは「人を正す(責める)時はこうやるものだ」と無意識に学習し、無自覚ながら悪用をしてしまっていました。言い放ってしまった人には本当に申し訳なく思います、そして、恥じもせずに使ってた過去の俺・・・とりあ死んで来いwww

だからこそわかることもあって、結局「人として~」って使う時は虎の威を借る狐でありたいとき。つまりは、自己正当化したり、足りない権威をどこかから借用したいという薄汚い欲望に負けた時なんです。

上手く使いこなせば恩恵として罪悪感を植え付けることで相手を意のままに操る事すら出来てしまうわけですから、欲望に負けるのも無理はありません。

よって「人として~」とか言って他人を断罪しようとする者こそが最も卑怯な人間です。

~トシテ在ラナクテハナラナイノカ

この言葉で操られる人間とは、罪悪感で屈服させられる人間です。

「人として」とか「社会人として」とか「大人として」ってのをやたら意識する常識人志望者とか倫理意識のやたら強い人・・・つまりは日本に住む一般大衆のほとんどが該当します。

常識とは悪用する側からすればこれほど便利な道具もないわけで、「お前は常識知らずで!!」とか「人として間違っている!!」って言葉を馬鹿の一つ覚えのように使って浴びせて責め続けてやれば大衆は次々と掌の上で踊ってくれるわけですからw

罵倒され、責め続けられても鼻くそをほじってられる胆力があれば何者かによる人生の乗っ取りを軽減することが出来ます。

可能性を閉ざす

例えば戦闘行為を行っていたとして敵軍を意のままに操りたいと考える時、逃げ道を1か所だけ作って包囲することを考えるでしょう。

交渉事でも同じで、敵が思いこむ一番いい選択肢=こちらの思い通り!!にするには、他の選択肢を相手にとって魅力的でない(どころか選んだら地獄を見る)ように見せる演出が必要です。

ぼくの人生での選択も結果として他人が用意した枠にハマる事なのかもしれません。けど、「人として」みたいな干渉による影響を防ぐことが出来るなら少なくとも選ぶ程度は出来るはず。

「就職だけが社会人唯一のまっとうな生き方」みたいなのではなく。

自分の人生に幅を与えることを考えるなら「~として正しくあろう」なんて規範意識はトイレに流してしまうのがベターです。

規範とは

ただのシステムです。

スポーツなら勝負事なので白黒はっきりつけるためだし、交通であるなら道路や乗り物を最も安全かつ最も合理的に運用・管理するために必要とされる取り決めごとです。

人間が使うために作ったルールに人として自分から使われに行くっていう主従逆転現象はなかなかどうしてwww

ほとんどの人が共有しているであろう「常識(←規範と言うにはあまりに不明瞭な)守れや」意識はそれを作った何者かが守る人間から何らかの利益を得るためのシステムであると判断するのが妥当でしょう。

だからぼくは常識人を志望するのをやめたし、常識の外に意識を向ける、人でなし扱上等となったわけです♪死に際に「自分の人生を生きたかった・・・」ではなく、「自分の人生、生きたった!」って言いたいですから♪

おわりに

ぼくはそういう考えに徐々に変わっていく過程で、指を折って数えられる程度いた大学時代に仲の良かった友人の9割ほどを失いました。

でも1割は残ってくれたし、趣味を通じて増えた友達は100を超え、数えるのを諦めるほど増えましたw

ぼくの考えが正しいとまでは言いません。 そういう考えの方がぼくにとって人生を大切にするために最も効率も相性もいいやり方だったと言うだけの話ですから。常識人であることが幸せだったり大事だったりする人にとっては全く役に立たない話で、大いなる間違いでしかありません。

100%とまでは期待しないけど、ぼくのように自分の世話を自分の手で焼きたい。自分の人生を自分の手で改造したい。いじくり回したいといった欲求の強い人にとってはいい方法でありいい考え方ではないでしょうか♪

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-体験談, 幸福論, 消耗, 社会, 重オタクオピニオン
-, , , ,