サラリーマン 仕事 努力論 幸福論 社会 重オタクオピニオン 重オタクビジネス論

日本の無駄が解決される目安を歴史オタブロガーが教える【会議・通勤】

2017/02/02

日本社会ってどうなのよ?と思う重オタクブロガー・ともです。

正直な話、無駄だらけだと感じませんか?

もくじ

・もくじ

・会議や仕事に関して

・なくすのは難しい

・世界史に学ぶ

・おわりに

会議や仕事に関して

現代日本ではこれに関する悩みをものすごく多く抱え、「みんなで」苦しんでいます(^_^;)

景気回復にも言えることですが、誰かが何とかしてくれることを期待して停滞した状態です。

なくすのは難しい

世の中全体レベルの変革って実行から完遂までかかるエネルギー・・・シャレにならない量なんですよね(^_^;)

西洋では、ローマ文明を滅亡に追いやったがためにある深刻な悩みに煩わされ、それを根本解決するのに約10世紀費やしました。

国レベルで抱えている問題の解決というのはヘタすればそれだけの期間を要するほどのものだと想像しても大げさではないことを歴史が証明しています。

世界史に学ぶ

10世紀の間ヨーロッパ大陸を悩ませた問題・・・それは、「都市の衛生問題」

この記事でも紹介しましたが、特にパリをはじめとするフランスの大都市圏は特に荒まじいものがあります。

対策を講じても講じても雪国に積もった雪のごとく汚物が積みあがるような有様が解決することはなかったと言うからたまったものではありませんね・・・

他国と比べたらどうなのだ?と言えばどんぐりの背比べ程度の話でヨーロッパ中の都市がそのような状態だったと言います。

無駄な発明を繰り返した10世紀

中世が始まる直前まであったローマ帝国文明には上下水道が行き渡っており、黄害をはじめとするこのような衛生問題の発生は集合住宅など、上下水道システムを行き渡らせるのが難しい高層建築物などの周辺に限られ、そこまで大きな問題にはならなかったようです。

中世以降の西洋人の公衆衛生に関する文明が先史レベルへの退化を起こしてから10世紀レベルに追い付くまでおよそ10世紀・・・実に無駄な発明が沢山されました。

マント、ハイヒール、シルクハット、ボンネット、日傘、都市清掃員刑、豚による処理(結局豚の消化管を通じて出ていくだけでなく、彼らが暴れることにより怪我人が増えただけに終わったと言う本物の無駄)、オーバーシューズ、汚物処理に関する様々な法令(ローマ時代でも妥協案が成立したほど)、香水、オープンカフェなどでお馴染みのサンルーフ、香水、フープスカート(椅子一つを下に収めることが出来るでっかくて面積をとる長いスカート)・・・枚挙にいとまがありません(^_^;)

これらは上下水道を都市に巡らせることで、必要に迫られて発明する必要がなかったものたちです。法令すらも。

ローマ帝国時代から「規制万能説=無駄」は10世紀以上たっても人類が学べていない事象と言う有様・・・「規制万能説抜きで物事を解決する」という考えを持つ人間のみが現代人と呼ぶにふさわしいとすら思えるほどです。

余談ですが、水洗便所こそなかったものの、上下ともに水道が巡らされた上で、肥料として汚物を能動的に処理する衛生業者が完備されていた江戸は19世紀でもっとも人口を抱えながらコレラや衛生問題に頭を抱えるロンドンなどを尻目に世界で最も衛生的な世界一の大都市として栄えていました。

おわりに

今、煩わしい無駄を脱する方法があるとすれば、自分ひとりか家族単位くらいで自分から無駄を抱えた社会システムかそれに依存している要素になる人や物と距離を置くことに尽きるでしょう。

つべこべ文句を言う前に体を動かす以外に選択肢はありません。

それでも「誰かが・・・」と言うなら、誰かが変えてくれるまでちゃんとお行儀よく10世紀ほど黙って埋もれてながら煩わしさに耐え忍ぶのが賢明でしょう。

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-サラリーマン, 仕事, 努力論, 幸福論, 社会, 重オタクオピニオン, 重オタクビジネス論
-, , , , , , , , , ,