オタク カレー 体験談 名店の味 教育 料理 料理男子 重オタクブロガーのおすすめ!!

「スパイスからカレー作るとか無理ゲー」とかいう常識をオレが全力で潰す

2017/03/09

「カレーをスパイスから作りあげる」という積年の夢を果たした料理男子提督、重オタクプロブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

「スパイスからカレー」と聞くとハードルが高そうな感じがしますが全然そんなことはありません。 乾いた原料をすりつぶすとかそういう工程でなくても、製粉されたスパイスで充分「スパイスカレー」と呼べるものは作れるのですから♪

では、これから「スパイスから作るのって超ムズだからやめといた方がいいよ」という世間様の洗脳を解きます!全力で!!

すぽんさーどりんく

もくじ

・もくじ

・ふくしゅう!

・カレーつくるよ!

・食レポ

・反省点

・おわりに

ふくしゅう!

ぜんかい!

「スーパーで揃えられる調味料で作れる」という触れ込みで作ることを決心した提督はスーパーに向かう。
そして、近所のスーパーの品ぞろえの少なさがスパイスにまで及んでることを知って言葉を失い、呆然。疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。 後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡が示した示談の条件とは・・・

・・・・・じゃなくて、前回はスーパーの品ぞろえの悪さのために不足したスパイスを赤缶でカバーするという暴挙を冒してしまったんですよ(^_^;)

・回復技・リンゴパッチ

さらに、レッドペッパーを「大さじ1」しっかり投入してたから鬼のような辛さのカレーができて慌てました。
ただ、これにもリカバーする方法があり、バーモントカレーをマネしてりんごをすりおろして投入し、中和に成功。ぼくはこの技に「リンゴパッチ」というバグ修正っぽい感じの名前をつけました。 デバッグはプログラミングだけでなく、料理の世界でも大事な作業です♪

「業務用」とか「パソコンとミキサーの合わせ技」とか「ミキサーの銘柄がロ〇ブランド」とかにツッコミを入れてはいけないと思うんだ・・・(戒め) リンゴパッチは救済策として覚えておいて損はありません♪ カレーを辛くしすぎても大丈夫なので、安心してトライしてください♪

ルーで作るカレーと同じ工程

唯一、違うのは肉の後に炒める材料にカレーの心臓部となるスパイスである「クミンシード」が追加されている点。 具材とともに炒めるのです。

カレー作るよ!

・基本セット
・フルセット

スパイス配合については、クミンシードを材料側にセットし、それ以外はシェフガッキーさんのチキンカレーのレシピを参考にされるとGood。発展案などはカレー屋さんを巡業しながら考えていくとおkです♪(末尾にスパイスの効能早見表を載せましたのでこちらを参考にして食べると能率が上がるかもです♪)

煮込んでいる間に、スパイス調合を手早く済ませます。 とろみ出し用の小麦粉・これに準じる代替素材は10gが目安です。(特に無水カレーで作る場合) あとはルーが小麦粉入りスパイス群に置き変わるだけです♪ ルーで作るのと変わらない手順で作業を進行することができます。お使いの調理器具や手慣れた手順に準じてカスタムしていけばよろしいかと♪

しょくれぽ!

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-オタク, カレー, 体験談, 名店の味, 教育, 料理, 料理男子, 重オタクブロガーのおすすめ!!
-, , , , , , , , , ,