自炊節約のプロが自炊>外食派になってしまう原因を真剣に考えてみた

「外食の方が安っす~~~い!」という内容のニュースを見た時、ぼくは雷に打たれたような衝撃を受けたんだ・・・

自炊節約のプロ!重オタクプロブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

もくじ

・もくじ

・もし、社畜が毎食100円マックで1か月過ごしたら

・ぼくの節約術を一通り紹介します

・自炊で高くつくパターンをシミュレーション

・おわりに

もし、社畜が毎食100円マックで1か月過ごしたら

1日3食。毎食100円かかった場合、日額300円。30日分に直すと9000円/月。ヘタをすれば月のケータイ代よりかかってしまいます。いったいこれの「どこが安いんでしょう?」

人気のハンバーグも100円じゃないし・・・

こっちは100円以下で88円。360円引いても8640円/月(これで大手キャリアのケータイ代並み・・・)

ぼくの食費節約術を一通り紹介します

1回に1か月分の野菜を注文し、可能な限り炒めた後すべて冷蔵庫にシューッ!超!エキサイティン!!してしまう技!!
1日4時間を消費するだけで残りの29日間は長くても10分ほどで済んでしまうきりんちゃん(幸腹グラフィティ)のご実家でもヘビロテしてる脅威の節約料理術!切ってテキトーに塩コショーして炒めるだけだから調理技術が壊滅的な紅緒サマ(未確認で進行形)でもできてしまいます!!

煮込み料理のキング!カレー!!・・・これはスパイスからカレーを起こして無水カレーを作るレシピですが、初期投資さえ乗り切れば安いものです。 もっとも、ルーで作って無水でなければ玉ねぎ代も180円分ほど削減できますので十分経済的です。 大きな鍋があればたくさん作れるし、冷凍保存も利くので野菜炒めに次いで経済的です!

カレーと野菜炒めとご飯常備しておけば飽きの来ない食卓は十分回せます。

自炊で高くつくパターンをシミュレーション

まずは簡単な比較をしましょう・・・例えばそう、チーズケーキ! ケーキなんて自炊の方が圧倒的にお得です!!
クリームチーズ200g=400円+ホイップ120円+卵3個160/3=54円+小麦粉と砂糖代なので、734円+アルファでおよそ760円ほどでコンビニスイーツ程度のサイズが8切れ!なので1個アタマ100円切ります!!コンビニのだと150円ほどかかってしまう上に欲しくなるたびお店に行かなくてはならないし、添加物もたくさんはいってるので自炊の圧倒的勝利です!!・・・というわけでどうしても「自炊の方が高い」というのに納得いかないです(^_^;)

もしかして・・・朝メシ、弁当、晩飯をすべて1食ずつ使ってる?

考えられる原因ってこれしかない気がします。 自炊で1食ずつならどうしても毎食100円くらいはコストがかかってきます。
焼きそばなんかでも豚バラが320円ほど、キャベツなんてハーフサイズでも余ってしまうから100円強、ニンジンタマネギ各50円ずつ、ピーマンも余って廃棄することを考えれば100円、もやし30円、ゆでめん30円で1品に630円/食ほどかかってしまいます。しかも、光熱費も90回使うのですからなかなかのものになります。

インスタントならBIGサイズでも250円以内で買えてしまいます。こうなってしまうと確かに100円マックが効率いいよね、という話になるのも理解できます(^_^;)

一気買いすれば安いですよ?

例えば、イトーヨーカドー京都には店舗がないためサービス対象外ですが、それ以外の地域なら使えるネットスーパー! 5000円以上なら送料無料ですしNANACOも貯められます♪

のような食材宅配もオススメです!

おわりに

やきそばを非効率的に作る方法を探るだけで30分ほどかかってしまいました(^_^;) ぼくみたいな食費節約術の達人になってしまうと非効率的に自炊するやり方を探す方が骨が折れるというものです(^_^;) 実際リアルにググりました・・・

ぼくの焼きそばの場合は野菜と肉は他の料理に使う分含めて固定経費2000円/月+野菜炒めパーツに使った豚バラ400円からなので、もやしゆでめん買って70円ほどが追加費用となりますから2000/90(毎食分)+400/30(夜の野菜炒め派生分)+70=22+13+70=105円/食です。なんと、535円も圧縮しているんです!!ハンバーガー1個だけじゃひもじいけどこの焼きそばはひもじい思いなんてさせてくれません!!麺で量を水増ししても500円ほど圧縮できてるんだから・・・というわけで健康も損ねず、厳選食材宅配 らでぃっしゅぼーやのような食材宅配なんかを使えばローコストに食材の質のグレードアップも図れます! ぼくのやり方をまねてみてください・・・必ずや食費を破壊的に圧縮してご覧に入れましょう(フフフ怖いか・・・?)

こちらの記事も読まれてます

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!