クレジットカード所持がもはやマナーである件について

現金のデメリット、改善しようぜ?

現金のデメリット

凡雑さ・セキュリティ・ポイントがない

キャッシュレス化で時短。
盗難保険。
還元要素。

すべて現金に出来なくてクレジットカードには出来ることです。

現金払いだと高齢社会にも優しくないですね。

取り出しにまごついたり十円足りない問題とかでオロオロしたりしますし。

飲食店やカラオケ店などではレジ前で割り勘計算を始める集団とかも頂けない。

ですが、これもキャッシュレス化で解決できる問題だったりするわけです。

と、いうわけでぼくがキャッシュレスを推進する理由を紹介します!

社会も店舗も、読者様やお友達もスマート化で現金払い以上にニコニコ!といえる理由を。

 

現金はクレジットカードに勝てない

盗難に弱く、特典がなく、支払いが凡雑

クレジットカードには盗難保険が付いています。

ルールを遵守して使っていれば損害が返ってくる仕組みが整備されているのです。

しかし現金なら拳で昏倒させれば盗めるし、被害者も泣き寝入りするしかない。

次に支払いですね。

指先さえ不自由なご老体が多い高齢社会だと財布や現金の取りだしにまごつく。

レジや発券機などの渋滞の元凶そのものなんですよね。

率直に申し上げると、改善できるならすぐテコ入れすべきシステムの欠陥です。

あとはポイントですね。

クレジットカードにはポイントをはじめ、何らかの還元要素が必ず実装されています。

しかし、現金にはありますか?ないですよねw

まとめ

現金決済は泥棒以外に優しくないシステム。

それでもまだ「いつもニコニコ現金払い」と抜かしますか?

キャッシュレスのほうが電車もスムーズ

【エラー警報!】モバイルSUICAで無限ループ地獄回避マニュアル

現金、電車利用に必要ないよね?よね?

電車利用が最もキャッシュレス化の威力がわかりやすいのではないでしょうか。

券売機に並ぶ手間を省くってのは案外バカにできません。

  • 現金決済:券売機に行列→現金を投入→切符とお釣りを受け取る→お釣りを財布にしまう→改札→切符をなくさないように財布にしまう
  • キャッシュレス:端末をICにかざす→改札

現金決済だと枠内のフローチャートを追うのも面倒に感じて頂けたかと。

「6stepと2step」という圧倒的な差が生み出す時短の地からはバカにできないのです。

しかも、首都圏では端数単位で電車賃が割安だったりします。

お疑いなら品川-横浜とでもYahoo乗換案内に打ちこんで試してみてください。

まとめ
必要Stepさえ1/3。手先の器用さとか関係なしにスムーズな電車利用ができる

割り勘×現金はトラブルの種でしかない

楽しい時間を搾取するだけじゃない

良識のある集団だと、20分ほど精算の為に予算会議で消耗を強いられます。

良識がない集団だと入口前にたむろ、レジ前を長時間占拠。

なんて形で店や他のお客様を巻き込んで消耗を強いる害悪にさえなる。

現金決済で被害を最小限に止めるには、顧客の良識に依存するしかないのが悲しい。

で、良識のない者に良識を叩きこむ手間を考えると気が遠くなりませんか?

そこで、キャッシュレスの出番というわけです。

精算時間短縮も出来てキャッシュバックも豊か。 みんなニコニコです。

現金以上にニコニコです!

キャッシュレス+スマート化で解決

1.持ち合わせのあるメンバーが支払う
2.あとから自動計算・請求

という方式なのでレジ前でたむろう必要性をカットしてくれます。

遊べる時間を削って精算タイムに入る必要もない。

割り勘アプリの美点ですね。
注意する側もモラルに依存しなくて済むし。

基本的にクレジットカード決済のほうがお得なのでぼくはPaymo派です。

中には現金派に優しいものもあるので使い分けできるならした方がいいですね。

Line pay→現金派な人にも対応
Paymo→キャッシュバック要素が充実(上のコード入力で300~1000円分チャージした状態で開始)

といった感じで。

 

おわりに

クレジットカード所持はマナー

結論→もはやクレジットカードによるキャッシュレスはマナーですね

日本人は利益があっても旧態依然を好み、合理化のタイミングに乗り遅れがち。

これからお金に関して世知辛くなっていくので早めの対策が功を奏します。

クレジットカードなら速さも堅い守りもボーナスも一気に手に入ります。

現金で消耗してる暇などないですね。
だから最後に煽っておきます。

「まだ現金で消耗してるの?」って。

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!