「嫌なことから逃げたい」という3つの思考停止エラー原因

「嫌なことから逃げたい」という3つの思考停止エラー原因

宝くじ当てて遊んで暮らす!!←それって本当に幸せなの?

バリピでもなく喪男でもなく、会いたくて震えるでもなくコミュ障でもないリア充オタク、重オタクブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

100万人のために売られてる宝くじなんかに、ぼくは簡単に思いを重ねたりはしない上、恋せよと責めるつもりでこのブログの恋愛記事を書いてるわけではありませんが、こうやって何か自分の得意なことを発信し、作業を重ねるごとに洗練を重ねていくのが本当に楽しいんです。

だからこそ、「宝くじ当てて一生遊んで暮らす」という一言を人から聞くたびにすごく勿体なさと疑問を感じます。

それ以上に楽しく合理的な生き方を知ってしまったから。

アタマの中に無駄なものが詰まり過ぎて思考停止

親が言う「良書」よりブログを読んだ方が100万倍ためになる理由


アタマの中が常識でつまっている上役に立たないインプットを盛れば脳はフリーズ・・・思考停止しても不自然じゃないね。

例えば読書は何のためにするのでしょう?

先生や親が褒めてくれるから?

そのために「数をこなすためだけ」の読書をするってすごく時間の無駄なはずです。

読書って、自分の頭で考えても考えても知らないことが出てきて、経験不足やらなんやらを補う必要性に駆られたときに渇きを潤ためのものです。

先生や親が褒めてくれるから、という条件を満たすなら常識や美徳を尊重するような態度を「表面上」とって繕う程度で充分です。

無駄な読書時間を確保したり使いこむ必要性はありません。

苦行をしてもがき苦しんでる人を見るのが多くの日本人は大好きです。

「何でわざわざこんな誰得でしかない苦しみを抱え込むの?」
としか言えない内容ほど礼賛します。

礼賛されるからどんどんそういった無駄を抱え込もうとします。

なんで礼賛されるのかもよくらぬまま。

おそらくチヤホヤしてる方も深く考えてしてるわけじゃないでしょう。

 

ムダだらけな疲労・労働量・固定経費の支出が思考停止さえ加速

あわない地方での暮らしは寿命を縮めるのです~人生単位で時短を実現しよう!~


苦行にくぎ付けにするための金銭苦と社畜労働
あわない環境でがんばったりひとところにとどまって無理をすることが美徳とされています。

残業、何の実効性のない叱責、横暴が蔓延し、ときに度を越したハラスメントさえ横行する劣悪な職場に身を置きながら。

その上、割に合わない賃金で働かされるわけです。

そこで脳みそが深手を負い、機能がマヒ状態となります。

マヒした脳は節約のことまで頭が回らなくなりますし、それを何とか回避するため深酒や浪費・散財へと走らせ手さらに状況の悪化すら招きます。

「つまらない」って呪文のように何度も何度も唱えながらそれを打開してくれるヒーローを待ちわびます。
1万年と2000年待っても来ない存在を。

・テレビを解約してAmazonにその機能を代替することでテレビ代を1/3に圧縮したうえで時間の支配権をテレビから奪還する。

・3大キャリアから格安SIMに移行して通信費を半分以下にする。

スーパーに行く無駄を削除し、ネットで仕入れ、ポイント等を目で見ながら手堅くためる。

献立を合理化し、光熱費削減すら狙う

・移動にかかる無駄やレジの待ち時間といった些細な無駄をキャッシュレス化で削減。

浪費を必要としない快適な環境に身を置く(寿命も延びる!)

これだけで時間と固定経費をまとめて大幅に節約できますし、浪費から遠ざかるおまけまでついてきます!

 

思考停止した人に囲まれ、彼らに毒されている

あわない地方での暮らしは寿命を縮めるのです~人生単位で時短を実現しよう!~


みんな言っている「仕事辛い」って。そしてみんな、苦しみを考えなしに継続している

日本人にとって一番厄介な点でもあります。

親も先生も近所の人も「考える力を奪われた量産機」だらけな中に自分が出現することになるのですから。

初見殺し待ったなしなことに多くの人にとって実家がいきなりそういうステージなんですよね。

自分の頭で考えない人に教育・養育され、その外からも幾重に包囲されればよほどの意志力やリビドーなど強力な何かがない限りその人たちに染まってしまうのは無理もない話といえます。

しかも、そのケースであることの方が圧倒的に多い・・・
これはちょっとした恐怖ですよ。

毒されて、周りに習うことを覚えてしまう環境という絶望的な状況にとどめをさすのが均質化を巧妙かつ一方的に仕掛けてくる学校教育です。

働いてると「ロボットみたいに自分も周りも働かされてる」とか「上は俺らをロボットに仕立て上げたいんじゃないか」みたいなこと思ったこと、ありますよね?

親ですら、子供を奴隷ロボか何かと勘違いしてるような言動が見られることすらあります。

「意図的に何者かがぼくらから考える力を積極的に奪ってるとしか思えない」とすら思ってますよ。

ぼくは友達100人以上いますけど、意識的に一人の時間をマシマシにしてるのは人酔いを避けると同時に集団催眠にかかることに対してひと一倍恐怖感を感じている、というのもあるかもしれません。

ノー勉ノー労働は幸せに非ず

【モテ要素?】ご注文はストイック男子ですか?


労働というのは何も社畜やるだけではありませんよね?

けど、みんな社畜やってる環境にいればそういう風に見えても不思議じゃありません。

ぼくは宝くじで3億当てて(享楽的に)遊んで暮らしたいとは思いません。

貧乏だろうと金持ちだろうとぼくは自分を磨き、価値を証明するべく毎日働きます。

ブログ作業をしたり、旅したりしながら。

ただ、オタクとしての聖地巡礼を楽しんで終わる人なら大洗なぅな時にこんなこと、考えませんよね(^_^;)

彼女といる時ですら頭の一部は仕事をこなしているわけです(^_^;)
ワーカホリックとかマッドサイエンティストとか戦闘狂と本質的には多分ほとんどぼくは変わらないのでしょう(^_^;)

ストイックに何かを取り組むってゲームしてたりテレビに時間奪われたり散財するより10億倍楽しいですから!!

おわりに

嫌なことから逃げたい・・・と思ったら

以上の点について疑いましょう。 まずは、自分の時間を取戻すため、寝る前の5分くらいは「今日は満足できる一日だっただろうか? ちょっとでも幸せだったかな?」と自問自答する時間を設けてみてください。

「本当は~を〇〇みたいにして働きたかったんだよな・・・」という心の声が聞こえてくるはずです。「こんなはずじゃなかった・・・」の次あたりに。
それをちょっとずつ拾い集めることから「自分の頭で考える楽しい生き方」の実践はスタートしていきます!
すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!