【仮説】昆虫食はマッチョメシ!?【健康食品代を節約したいでござる!】

【仮説】昆虫食はマッチョメシ!?【健康食品代を節約したいでござる!】

プロテイン代、節約できますか?

筋肉は正義!メイドジム・・・そそりはするけど、食事内容の干渉が毎日LINEとかで届くのはちょっとつらいな・・・と思う重オタクブロガーのとも提督です!

昆虫食・・・ときいて、未知のものを食べる感覚の人は多いでしょう。

しばらくお待ちください(グッチャグッチャ・・・)

・・・でお馴染みのFF8の「たべる」コマンドのようなあのわくわく感を味わう・・・そんな感覚。
この記事では「遊び」の提案も含んでいるので、FF8で食べるコマンドに夢中になったぼくみたいな人にとってもそそる内容かもしれませんよw

確立されたやり方と言うのは確かに素晴らしいし、選択肢ばかりを増やすのはよくないことかもしれません。
それでもぼくは、実験欲を抑えることができません。

プロテインの代替品たるか!?

栄養データ

栄養(100g・コオロギの場合)
  1. タンパク質=牛肉の2倍!(21g)
  2. カルシウム=牛乳と同等
  3. ビタミン・ミネラル=肉・魚より上
  4. アミノ酸=豊富

参考資料(敬称略)→知識の宝庫 モグモグ昆虫ランド

栄養成分(100gあたり)

  • エネルギー:442kcal
  • たんぱく質:67g
  • 脂質   :18g
  • 炭水化物 :7.6g
  • 食物繊維 :1.7g

こんな風にまとめた通販サイト(=引用元:http://takeo.tokyo/?pid=94814283)もありました。。。!!

ぼくは今、プロテインを使って筋増強をしています。が、いかんせんコストが嵩む・・・(むしろ今までどうしてこれを解決しようと試みなかったのか・・・と思ってます。)

牛肉以上の高タンパク食品でありながら低脂肪、そして、高カロリー。
ダイエットには使えなさそうですが、「有酸素も無酸素もやって筋トレしながら作った太りにくい体」の場合、やせた後は代謝が高い状態なのである程度のカロリーを取らないと筋肉が脂肪に代わってしまう・・・のを防いでくれる点で高カロリーなのはすごくありがたいです。

ほぼ完全栄養食品みたいなものだ、との呼び声も高い・・・

筋肉大正義派の節約健康料理男子ブロガーとしては是非ともメスを入れたいジャンル!ぜひ、実験すべきでしょう!!!

3か月実験

肉体強化と栄養状態のキープに効果はあるのか?

実験環境と内容
  1. 週1でラーメン・昼は実家食(営業マンがランチを外食する・週1で上司に飲み会に徴用される環境を再現)
  2. 月1~2で彼女デート(ストイック過ぎないやり方で実現できるかを検証)
  3. 上の縛りにない食事すべてコオロギ粉末・加工品を必ず使用(最重要項目)
  4. ジム利用禁止(ジム代を節約したい人の希望になりたい)
  5. 腹筋系・スクワット・大胸筋+上腕筋強化の家トレメニューを1日2セット以上(ダイエット成功による継続実績アリ・・・というより現在進行形でやっていること)
  6. 仕事を辞めない(クビにならない限り)
  7. 毎日エクセルに体脂肪率・体重・調理法(揚げた・出汁にした・スパイスとして使用・加工品を食べたなど)・備考(ラーメンの日、休日出勤など特殊条件について記載)を記録(夜にタニタfs102にて計量)
  8. 月に一度精密な計測(タニタMC780-A)と栄養状態チェックを行う

仕事を辞めなくても「ダイエットの成功(2か月でウエストを10cmマイナス、体重10kgと体脂肪率10%減)」は達成出来たので、上の環境で行い、現在と同じように微速前進かそれ以上の効果を得られるかを検証します。

食材としては宗教的制約も引っかからないので、どの宗教の人にも気軽にオススメできるのも嬉しいですね!(しちめんどくさいハラール完全対応がこんなに簡単にできるなんてwwwwwぼくはムスリムじゃないけどw)

勝利条件

現状維持以上で勝利(栄養状態が現状より低下しない・体重に対する体脂肪率量の比率誤差が現状と遜色ない状態かそれ以上)。

同時に挑戦したいこと

クラウド・ファウンディング

クラウドファウンディングと言う体験そのものに興味があるのが1点と・・・

当方、薄給リーマンの為予算面が厳しいので助けてほしい

・・・という切実な面も・・・。
早い話がぼくの肉体と食べるものを選ぶ権利(いつもの食事を上記条件下のもと昆虫食に限定と言う意味で)を実験台として差し出すので・・・・応援して下さいお願いします・・・!!ということです(^_^;)

実験の発展プラン(コスト圧縮を極める編)



自家生産で調達できるか!?

これはあくまで、上の実験成功が出来た場合の発展型ペーパープランですが、小回りの利く小さなコオロギ粉生産工場を1年ほど1部屋使って運営しようかと。(2kgくらいは毎月生産できるように。)
ただ、現在はペット不可物件を借りて生活しているので、ペット可能な2(L)DKほどの物件への引っ越しを行い、部屋の一角を使って飼育環境を整え、ランニングコストを計算しながら、実験による恩恵を出資者の方に提供しようと思っています。

健康づくりに健康食品の必要性が叫ばれる中、少しでも費用の圧縮に貢献できればこれほど嬉しいものはないですからね♪

ハードルの取り除き方

見た目や下処理作業の問題

料理そのものは下処理と本調理合わせて割と手間のかかる作業です・・・・が、ぼくは野菜炒めなどの活用でそれを克服しています。

昆虫食はそれに加え、食品として馴染みのない「見た目」。これは食肉でも日本と言う国では欧米以上に気づかいをしている分野です。
羽根をむしって・・・足を取り除いて・・・というのも煩雑極まりない。揚げるのも不経済・・・(油の使い回しは参加した油を取り込むので錆を食ってるようなものでぼくとしては推奨できない)なので・・・!!

炒ってミルかすりこぎあたりを使って粉末にして使います!! 粉相手にビビることは無いでしょう♪

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!