お金 体験談 健康 消耗 節約 親子 重オタクオピニオン

死に金w 実家に金入れて住むとかwww

2017/06/12

あの八つ墓村(実家)ありがたみをぼくは一生知ることは無い

バリピでもなく喪男でもなく、会いたくて震えるでもなくコミュ障でもないリア充オタク、重オタクブロガーのとも提督です!

実家がありがたいって、、、多くの人は言うけど・・・時短節約術をキワめているぼくには何がありがたいのかさっぱりわかりません。
むしろ、非効率的なシステムに押し込まれたことへの不満ばかりが出てきます。

「実家=ありがたい」という価値観のどこに問題があるのか。思い上がった馬鹿だとぼくを罵る前に実家を盲信している実家信者の方にとっても一読しておくだけの価値は、ある内容を用意させて頂きました。

実家という社蓄工廠

(社畜度が)濃厚なヤツになるぞ!?

実家とは社畜度が上がり、人材価値が下がる場所です。
家庭運営や関連する雑務に関しては親にアウトソーシング・・・もとい丸投げするので、一見、時間の自由度が保障されるように見えますが、自分の生活を親の生活リズムとの連動を強制されるため、実質的には「経営感覚を磨く場が奪われるだけの場所」になります。

また、体調管理に関しても自分では制御できません。実践どころか栄養管理のノウハウ習得すらも、家事のアウトソーシングによって身につく機会が無いので「自己管理のできない」人間になるための環境がしっかり整ってしまってます。

共同生活を継続する手前、食事のスケジュール等を管理するのに、実家に対して行先や帰宅予定時刻を告げる必要性も出てきます。
プライバシーの線引きもあいまいなので、親によっては付き合う人間に関しても過度の監視が入りがちなので非常に息が詰まる環境でもありますね。
自分だけでなく、親の方にも余計なストレスがかかるので長期的に見れば決していい選択ではないです。 すねをかじり続けるにしても。

目先のコストが安くなる代わり、会社だけでなく親にも依存するという二重依存の中での生活は脳を腐らせ、やがては人材価値を0に近づけていくことになり、やがて精神が腐りきることになります。

「実家に居続けることがためになる」というのは世間様とかいうどこの馬の骨かもわからない存在の放った無責任な妄言であり親子ともどもにとっての幻想でしまないのです。

時間を搾取されるために金まで搾取されるとか

ブラック企業以上の魔窟、ここにあり。

4万以上入れるのが通例のようです。
日本人がどれだけ時間(お金も含む・・・)を軽く見ているか。ということが浮き彫りになりますね。(そのくせ時給制ベースの価値観に縛られているのだから・・・)
一人暮らしのコストについては20万ほど初期投資すれば、家賃・テレビを除いたインフラ・食費を足して5万/月。そこに通信費を足して6万ほどあれば16時間分の自由がまず手に入ります。

一人暮らしの16時間と実家暮らしの16時間の質は月とすっぽんほども違います。テレビを見るだけの堕落した人間には逆立ちしてもわからないですけどね(^_^;)

一人でいる16時間も、実家にいる16時間も睡眠時間は5~8時間は睡眠時間として使いますね。すると変わるのは当然、「残りの時間」
ここの時間を親に気を遣い続けながら使うか、自分の気分で完全フリーで使えるかの差はかなり大きいです。

オカン
メシの時間や!さっさと来んかい(強制召集だ、万難を排してでも速やかに食卓に集え)!

まず、このように食事時間を指定されます。
そこが、残ったわずかばかりの8時間を余計に不自由にしますし。実家運営の中に組み込まれるということは、
防犯上・経理上(食費)の観点から休日も外出する時は2~3日前には外出・外泊申請かそれに準ずる報告を出しておく必要がありますね。
そのため、フットワークが鈍りがちと言うデメリットを抱えることにもなります。

一方、一人暮らしだとメシの時間も内容も量も思いのまま(ただし自炊スキルに準じる)。 スキルアップに使ってヨス!人脈作りのために外出するもヨス!自己管理の中に納まるならば犯罪以外は何をやってもいいのです。
「寝食を忘れて何かに打ち込む」ことも許されます。親の基準ではなく、自分のやる気をもとに行動計画を立てて実行することができます。成長度は天と地ほど広がることは間違いないでしょう。

10年先に生き残ることを考えるなら、社会人になった時点で実家にいるのは老害と共に玉砕する以外の意味を持たないのです。

スキルが伸びない!学びが死ぬ!

親が積み上げた学費が無駄死にしたその先にある未来

料理も読書も、実家と言う環境ではすべて無駄と徒労に終わります。
アウトソーシングされた環境で料理男子・女子をやるということは食材と光熱費を浪費することにほかならず、「ただのムダ」と化します。
料理を用意する手間と言う観点で親の作業量が減るわけではありません。・・・そして実際しばらくやってみてそれに気付いてしまったら・・・「やる理由がなくなる」んです。
そして、やめてしまい、腕が錆びつく・・・なんと勿体ないことでしょう。

読書で学んだ内容も、親の気を使いながらの生活のどこに試す時間があるでしょう?
結局は料理と同じ末路をたどるのがオチです。

親の都合の中に組み込まれた生活にはプライベートのスキル向上を叶える要素が皆無かそれに限りなく近い環境です。
なぜなら PDCAのDから先が行いにくく PPPPPPPPPP………..となります。DなしのCは判断材料0を意味し、完全な机上の空論が生み出されては虚空に消え、いたずらに消費されます。

机上の空論ばかりの人間はどうなるか。
安全圏から石を投げる事しかできない無能になるしかなくなります。

テレビがある地獄(ディストピア)。

寝るのとテレビを見る以外使いみちのない場所

PばかりのPDCAを繰り返す人間が最後に行きつくところはテレビの前以外ないと言っても言い過ぎではないでしょう。
金と時間をいたずらに浪費するしかできない無能はこうして実家で脱出不能性のみを高め、自滅への道を歩いていくのです。

テレビを見るしかできることがないということは堕落する以外の選択肢が残されていないのと同じこと。
テレビに踊らされて消費活動を行う以外の意味を持たない存在になり果てます。

おわりに

学生のうちから出ておくべき

実家がありがたいのは大学のときくらいでしょう。
親が働いて留守してる間は8時間まるまる自由な日も結構ありますからね。
ですがそれ以外はどうなのか・・・?と考えれば、実家が科してくる時間の搾取は非常にネックになります。

あと・・・実家でのやり取りで、ITに明るい人というのは珍しいでしょう。
スマホ上で個人収受ができるbitcoinなどではなく、実家での金銭収受は現金主義・・・という家も多いんじゃないでしょうか?

成長せず、ずっと会社に養ってもらうなら実家にいるのも一つの選択肢ですが、、、その選択がほんとうに賢いのか、ということについて頭を働かせる必要があるようにぼくは感じずにはいられません。ぼくは時間を最も重要な財産と、考えています ので。

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

Sponcered link

-お金, 体験談, 健康, 消耗, 節約, 親子, 重オタクオピニオン
-, , , , , , , , , , , , , ,