【告知】ともてーとくカッコカリは恋愛ノウハウ闘技場としても機能します

【告知】ともてーとくカッコカリは恋愛ノウハウ闘技場としても機能します

ソードアート・オンライン (電撃文庫)

ブロガー同士で争うだけじゃ不毛過ぎ。もっとwinwinになれる戦場を用意するからそこでやらないか?

バリピでもなく喪男でもなく、会いたくて震えるでもなくコミュ障でもないリア充オタク、重オタクブロガーのとも提督です(・ω・)ノ

ぼくも男性向け恋愛ノウハウを提供する記事を書くブロガーなんですが、ブロガーさん同士がなれ合いに走り過ぎたり、信者コミュニティ的な活動に傾倒されたり、私闘@オンラインをふっかけるような不毛な活動をされてる人を見るたびに「この人たち消耗してるなー・・・」と思いながらTwitter画面なんかを眺めてることがあります。

てーとく
S.A.Oはソードアート・オンライン (電撃文庫)でおなかいっぱい・・・

ぼくは、TVタックルみたいなヒステリックな内容が嫌いです。
討論を見るにしたってもっと静かなやり方で討論っぽいなにかを楽しみたい人です。

あの番組みたいにワラワラしてたら見てるだけで無駄にストレスがたまるという人はぼくだけではないはずです。

ぼくは、牙を使う機会がなくなったり、無駄に血の気が多いがために消耗的になってるブロガーさんがもっといい形で戦いに参加できるような場を作るべくこんな発想をしてみました・・・・・・!

きっかけはこんなやりとりをみつけたことから

「俺のノウハウの方がヤツより優れているんだが。」

この記事かくとき、お相手さんは鍵垢になってしまったけど、釘宮病の記事恋愛マニュアル記事を寄稿してくれたせいたさん(@himaseita1026)とそんなやりとりをされてる方がいらしたのを見てふと思い立ったのです。

こういう戦いがただの潰しあいで終わることなく3方よしになってみんながニコニコできるようにするにはどうしたらいいか。
ということを考えた時、「ウチが試合会場になればいいんじゃね」というアイデアが舞い降りたんです。

当事者同士でやってもバトルって不毛なだけ

死合い・ストリートバトルはただの消耗だ。

例えば路上でのケンカを想像してください。
勝った方は俺TUEEEEEEEするだけだし敗けた方は無意味の病院送りになったりする。

観客ができることもあるけど何の益も残さないし、いたずらに警察の仕事が増えるばかり。
これってすごく不毛だと思いませんか?

 

ストリートファイトより格闘技団体と選手がファンを集める理由

戦争ってファンがつかないけどプロレス団体にはファンがくる理由

ボクシングでもプロレスでも、ただのストリートバトルよりもファンをたくさん動員できるのは何故でしょう?

同じ戦いでも戦争が非難されてスポーツなら支持されるのは何故でしょう?

ルールがあって健全に戦い、切磋琢磨する場とルール無用で徹底的に消耗するしかない場の違いなんです。

プロレスなどを例にすると、観客側からファイトマネーが出てきて、興行団体がその中から興行にかかった経費と若干の利益をもらって残りの大部分を賞金として勝者が手にするしくみです。

敗けた方も試合をすることによってファンを作る活動になるからそんなに悪い話でもないという点も魅力的です。

だから、運営という存在が世の中の役に立つ形で戦いをやるほうにも見る方にも場を提供する価値ある存在としてあれるわけなんです。

戦争や私闘と違うところはそこにあるのです。

ウチをリングやら闘場として使ってみないか?

他の専門ブロガーという名前のルールと競技が選手間にメリットという橋をツクれる

ぼくという「試合運営とルール」選手3人分の読者(観客)という条件がそろった時、先に例として挙げたプロレスみたいな形で戦いをする方も見る方も楽しめる形で提供できるんじゃないでしょうか!

読者さんの行き来が盛んになれば、読者さんは知見を高める場と選択肢が増やせるし、選手はファン獲得の場が増えるし、ぼくも新しい種類の読者層獲得につながるし。

ぼく自身は記事を書くのも読むのも大好きなのでそういう機能を果たせるだけのキャパはあります。

試合量が増えてきたら量の調整をするためVALU特典という形にさせていただきますが、初期は完全無料試合数無制限利用で運営していくつもりです。

エチケットとしては、対戦相手側にも了解を取ってからお申し込みしてください。
いきなり「試合」とか言われて比較されると嫌な人もいるはずなので(・ω・)ノ

おわりに

ぼく以外にも、もっとやっていいんじゃないでしょうか。
Twitterのフォロワー数だけで勝負がついてるだろ?見たいな権威主義って面白みに欠けるし、Googleの検索結果だけだとちょっと物足りないです。

ぼく以外にもそういうバトル野郎な人が活動したり、臆病者や弱者の最後の一撃を権威持ってる人にぶつけてみたいって思いを叶える場を提供する人はもっといていいんじゃないでしょうか。

そんなわけで、まずは言い出しっぺのぼくに気軽に声かけてください♪(DMでもリプでもVALUでもお問い合わせからでもすきなとこから言ってください♪)
対戦者同士の合意をとりつける方が先というのをきっちり守ってからで(笑)

エチケットのない男が最初(ハナ)から女の子にもてるわけないのでその時点で対戦相手の不戦勝は道理なのですからw

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!