【メリット・出会い方】年下彼女ノススメ │ 陰キャのモテ道オンステージ
【メリット・出会い方】年下彼女ノススメ

初めに言っておく。年下彼女はかーなーり買いだ!

どもども~、ネットを使って知り合った6つ下の年下彼女を持つ重オタクリア充、とも提督です!

読者である諸兄は年上彼女か年下彼女、どっちが欲しいですか?
、と聞かれたら何と答えますか?

もし、年齢へのこだわりがないなら「年下彼女」を推したい。

甘えにくいうえに甘えてきて負担が増大する、などのデメリットは確かにありますが、それ以外のデメリットが深刻だったり「甘えたい」って需要が年齢に関係なく発生すること考えれば年上である必要ってあんまりないんですよね。

そんなわけで、ここでは鮮度の高い年下彼女を推す理由と出会い方について話していくことにしましょう。

年下彼女になりたい女性の方が多い

戦術としてメリットが大きい

マッチングアプリの検証を進めていくと、「年上の方がいい」とおっしゃる方が多い。

その次に多いのが同年代ですが、「年下彼女・年上彼氏」を望む声は圧倒的に多いですね。

女性が年上を求める=父(理想)や兄(理想)みたいに「甘えさせてくれる男」を求める傾向そのものなのではないかと。

背景は、考えるまでもなく行くとこまで行ってしまった感が半端ない日本のストレス社会でしょう。

男性側も年上彼女への需要が高まってきてますし。

年上彼女に癒してもらいたい、と考えてたらその年上彼女候補が「年下お断り」とかプロフで言ってしまってるなんてことも多い。

てーとく
えり好みBBA乙!なんて口が裂けても言えないよな・・・

BBA「年上女性が余ってる=有利」という先入観はいろんな意味で捨てた方が楽に戦える環境だと覚えておいて損はないでしょう。

「戦いやすい」というメリットは戦況を考えても十分すぎる価値があります。

まとめ
男のニーズを満たす前に女性が望むように年下彼女にしてあげる方が童貞脱出も彼女いない歴のストップも早期実現しやすい

「戦術的理由」で年下彼女を選ぶべき理由

【バグゲー】男の恋とケッコンが女の60倍ハードである理由

=男にとって恋愛は女より60倍難しい

確かに、過度に厳しい日本のストレス社会で女性が消耗しているようにぼくら自身も消耗しているし、ぼくらも何とか回復できる設備を整えたいところですが、恋愛市場の戦況を見てみるとそんなこと言ってられる状況ではありません。

彼女という存在が欲しいなら、男である自分の理想追求よりも「勝って一抜け」することを優先的に考えた方がいいでしょう。

日本男児が女性争奪戦みたいになってる恋愛市場で勝利者になれる確率はたったの8%。
プレイヤー人数ベースで話をすれば4300万人のプレイヤーがいたら4000万人が脱落する戦いです。

こんな数字を見たらとても「年下彼女に甘えられるのは嫌だ」、なんてことは言えなくなるはず。

まとめ
残念だけど男は行き遅れBBA35歳超えた女性以上にえり好みできないバグゲー上等な戦況を戦っている。

甘えられる側になるがその分だけメリットもある

若い=鮮度の高い人間

年下彼女は確かに出会った時点でのスキル保有量を考えれば年上に劣りますし、甘えさせてほしい願望を叶えてもらう側ではなく、叶える側になる、というデメリットもあります。

ですが、そのデメリットも気にする必要性はそこまで高くありません。

付き合いが長くなればスキル面だってだんだん充実してきますし、狙ってたはずの年上女性もぼくらと同じくらいはすり減ってますからね。

こんな環境ならデメリットなんかよりむしろメリットを気にすべきです。

まず、日本の学校教育制度から出てきたばかりの新社会人とかだと中身がスッカスカな状態であることも多いので年上彼氏となったぼくらが色々と導く立場になります。

「指揮」や「説得」、「傾聴」、「詐術」に「交渉」などスキル習得のための鍛錬に恵まれると考えれば年下に甘えられる立場というのも悪くない気がしませんか?

おまけに若いからこじれた後も年齢的な余裕を失った女性ほどは食い下がってこないし他の男性に押し付けやすい。

あと、結婚の督促に関しても鮮度が高い分、傷んできたBBA年上女性よりは緩いのでそう言う意味ではストレスが低いのも嬉しい、というのは強力な強みだとは思いませんか?

まとめ
(年上とし比較して)結婚の督促が怖くないというメリットの大きさを考えたらむしろ年上狙いよりもストレスが少ない年下狙いのほうが美味しい。

マッチングアプリで年下彼女と出会おう!

相席屋より720倍お得なサービスを使わない男子ってどう思う?

「年下彼女とはどこで出会うの?」と聞かれればマッチングアプリと答えます

まず、ぼくがマッチングアプリを使ってみた経験をもとに「年下彼女狙い=戦術的有利」を唱えましたからね。

次に、出会いそのものが「外部人脈から引っ張ってくるほうが効率がいい」ものですし。

その外部人脈を引っ張ってくる手段として最もコスパ・効率のに優れる手段がマッチングアプリというわけです。

相談所はサポートが手厚い代わりに費用が嵩みますし、合コンは時間や場所に縛られます。

でも、マッチングアプリなら24時間使えますし、合コン1回ぶんかそれより少し低い負担で1ヶ月使えます。

アプリですから混雑率200%の満員電車でも使えるため、場所にも縛られないというのも美味しい。

現代社会に最も最適化した出会いの手段と言えるでしょう。

おわりに

マッチングアプリで素早く年下彼女、GETだぜ!

マッチングアプリ・年下狙いという戦術的有利をたくさん揃えていくことは純粋に恋愛市場での立ち回りを有利にしてくれます。

それに、リアル兄貴ではなく女性が理想とする兄貴の役みたいになっていくことを求められますが、リアルに6つ下の彼女を持つぼくも彼女に甘えること、ありますから。

理想の押し付け合いではなく、相互理解をベースに関係を構築すればこんな風に年下彼女に甘えることだって十分可能です。

もっとも、年齢なんて考えずに恋愛を楽しむのが一番健康的ではありますが(笑)

年齢を気にする人たちがいるおかげで有利に立ち回れる、と考えてとっとと彼女いない歴なんてものにはピリオドを売ってしまいましょう!

では、諸兄の活躍に期待します!Panzer vor!

てーとくの推しアプリ


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!