【日本オワコン乙】労働環境を軽視する上司がオワコンな理由 │ 陰キャのモテ道オンステージ

【日本オワコン乙】労働環境を軽視する上司がオワコンな理由

【日本オワコン乙】労働環境を軽視する上司がオワコンな理由

アメリカのテレビショッピングじゃねぇんだから「無理のある商品の扱い」はやめろよ。

人間の使い捨てに等しい従業員運用が当たり前の日本企業は、率直に申し上げて雑魚です。

雑すぎる扱いで戦闘力の下がり切った有利子負債みたいなんをゴロゴロ抱えて競争している電通がニッポンの広告業のトップ企業ですからね。

なぜ雑魚モンスター化・オワコン化した会社と上司が日本企業の中に掃いて捨てるほどいるのか?。

彼らがなぜ、どのように人を使い捨てるような運用をするのか?
それのドコダメなのか。

改善を考えるならばぼくら日本人はその疑問を解明し、知っておいて損はないでしょう。

CASE1.起動に10分かかるPCで仕事をさせる

【オワコン上司・会社の愚行】時間に無頓着な人間が人の時間を買う資格はない

従業員の使うPCの状態には環境整備を任務として帯びているマネージャーなら敏感であるべきです。

マネージャーというのは管理職を表す単語ですので、熟練プレイヤーとしてではなく教官や指揮官・司令官としての機能が本来は求められています。

教官や司令塔として機能しない者ではマネージャーは務まりませんし、そんな人間を管理職につけた人事は殺人的にボキャブラリーが不足しており、非常に病的な状態に陥っているといえます。

マネージャーがこの類の問題を放置するということは従業員から会社が買っている時間を浪費(=会社の金ドブを放置)することそのものだからです。

速やかに解雇や降格人事を行って止血し、病巣を治療しなくては会社は無駄な赤字に苦しめられ、失血死していしまいます。

その程度もわからない人々が日本や韓国などブラック企業大国の企業にはゴマンといるから、ブラック企業は今だに高齢層を中心に肯定され、国家単位での人材の浪費すら「あたりまえ」なんです。

 

メーカービジネスPCを買う会社はオワコン!

PC選びで「メーカー製ビジネスノート」選んでる会社はセンス最悪です。救いがたい真正のヴァカです。

従業員用PCの選び方
  1. 拡張・整備・経済・修理の迅速さで上位互換!ショップBTOを固定機にする
  2. 移動機はタブでおk(軽くて安価)
  3. ワークステーション機選びでメーカー製はアウト・オブ・眼中!

時間の節約はあらゆる面において最も優先されるべき要素です。
経営者を始めとするビジネスマンにとっては従業員以上に「時は金なり」なのです。

ボロくて性能が劣化しまくったPCで仕事をさせ続けることが節約どころか時間の浪費であることを思い知るべきなのです。

コスト(人・モノ・カネ全てにおいて)を削り、収益を上げる。
ビジネスの基本のキすら抑えられてないバカでも社長ヅラが出来る日本はダサ過ぎなんですよ。

日本=オワコン言われて当たり前です。

 

CASE2.空気の淀んだオフィスと問題の放置

カンスト待ったなしの不快度を放置して能率ダウンに貢献する日本企業はオワコン!

早い話、「水中で防水処理もしてねェPC端末を起動させて使うように人間を使ってんじゃねェ!」って話です。

例え話をしましょう。
みなさんはベタという熱帯魚をご存じだろうか。

そのベタを同じ水槽の中で10ほど混泳して飼ってみれば労働環境の改善を軽視している経営者さんや管理職の方は「自分が部下に対してやってることの意味」がよく理解できるとでしょう。

「人間はもっと雑に扱っていい」、「根性と忍耐こそ至高」なんて考えで管理職やってたり先輩風を吹かしてる人は本気で辞職を検討することを強く推奨します。

親切に、かつ詳しく言えば根性という名の資源を「業務」ではなく忍耐するという形で余計なことに浪費するようそそのかしてるようなものです。

もっとドぎつい表現をする(率直に申し上げる)なら、犯罪者にキャッシュカードを渡して番号を教えたり、パチンコに会社の金を突っ込んでるようなものです。

まとめ
人材の浪費を肯定し、自ら進んで行う管理職は会社のガンでしかない(真顔)

空気のよどみをカイゼンせよ!

窓を開けても室内の空気が淀んだままならシーリングファンを導入し、空気を循環させましょう。

快適な社内環境づくりもまた利益を損なわないための節約なのだと知り、他の問題にも対処していきましょう。

換気が十分に行われていない室内空間は一酸化炭素や二酸化炭素が充満し、従業員は酸欠状態に陥ります。

酸欠状態に陥ると異様な眠気などの初期症状が起き、能率がダウンしますし、死亡例などが出ると看板に致命的な傷もつくことになります。

空気のよどみや眠気は能率を落とすだけに止まらない危険な状態。 施設管理者は改善を考えるべし。 肉体言語や恫喝で問題の先延ばしをすることはもちろんダウト

 

CASE3.「通勤」という当たり前

現代に黄泉がえる奴隷船。3つのリスクとドロップアウトする方法

パーティのMP切れデフォ状態とかありえないんですけど。(←オワコンな日本企業の朝をRPGで例えるとこうなる)

「どこの会社もそうだ」とか「常識的に考えてだな・・・」って言って思考停止するようではその人物は管理職として人を率いる器ではありません。

今スグにおとなしく誰かの下僕に甘んじることを強く推奨します。

そんな人間が管理職をやっている会社からはどれだけ規模のデカい会社であっても逃げだすことをかなり前向きに検討すべきです。

 

WordPressの運営はオワコン日本企業とここが違う!

先日、ワードプレスの運営元(米)が「資金の使いかたを改革する為」完全リモートワーク(在宅勤務)へ移行し、オフィスを完全閉鎖しました。

日本はコスト意識、道具の使いかた、適応力の3点において完全にアメリカの下位互換に甘んじています。

少なくともワードプレスの運営には遠く及ばない。

日本のトップ企業「トヨタ自動車」が世界の企業価値ランキングベスト10から姿を消すだけでは飽き足らず、今にベスト50からも転落しかけてることがこれを雄弁に物語ってます。

てーとく
「辺境まで発展してない北京や深センだけの国www」と多くの日本人が嘲笑っている中国にある企業がトップ9.10にある現実はどう説明をつけるのでしょうねw

日本の方が優れているというなら、中国のアリエクスプレスの現在位置こそがトヨタ自動車が食い込んでいるべき本来の位置のはずですよ?

多くの日本人が大好きな言い方をするなら「みんな商売の基本を忘れている。もう一度基本に立ち返れ。」といったところでしょうか。

「コストを下げ、利益を上げる」
基本を遵守するにあたってこのどちらも欠けてはならないのです。

過度かつ不適切な努力の積み上げや社畜的価値観の礼賛で日本企業は>一番おろそかにしてはいけないポイントを曇らせている、とオワコン化について指摘しても決してオーバーではありませんね。

 

道具の使いかたや特徴を知らないまま使うなや

オワコンな彼らはロボット時代でも同じ愚を犯して会社を潰すだろう。

会社も人も正しく使えないのならロボット時代に移行しても「うだつの上がらない会社」からの脱出は困難を極めるでしょう。

コスト圧縮のために従業員を解雇して導入したロボットが故障を頻させ、逆にお財布を圧迫した果てに会社をたたむか、マンパワー信仰に固執し続けた果てに競争力が上げられなくなって淘汰されるかの二択しかありません。

まずは道具の正しい使いかたから学んで「マニュアル通り」をしっかりたたき込みましょう。
人を使うにしても機械を使うにしても。

誰だって「守・破・離」を段階的に踏んでいるのです。
基本に立ち返ることは何ら恥ずべきことではありません。

基本をおろそかにしたままなのを放置することこそが何よりも恥ずべきことなんですよ。

 

おわりに

魔王を倒す装備が木刀・木の楯・皮の服のままでおkとでも思ってるの?

労働環境の改善について、「従業員の怠惰を呼ぶ」とか死に金と勘違いしているトップは多いです。

道具が仕事をするのではなく、人間が仕事をするという理解に間違いはありませんが、その人間に余計なストレスを与えてスペック低下を招いているという事実からは目が空されています。

量質ともに悪化するのは当たり前です。

ノーメンテで刃こぼれしない日本刀なんて創作の中にしかないのと一緒なんですよ。

また、従業員に求めている役割が仕事をする人ではなく、作業機械的な役割を求めている場合が多いのですからそういった本質への無理解が殺人的にないのも問題です。

結果、目先のコストしか見えなくなり衰退するだけの道を辿ることになる。

だからこそ人の上に立つ者は環境の整備を怠ってはいけないし改善を重ねる必要があるのです。
会社をオワコンにして潰すのが趣味だというなら話は変わってきますけどね(笑)

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!