SNS廃・発信者がいる「ファミリー」向けの格安SIM

ファミリーでコミュニケーションフリーするならば。

以前に紹介したこのSIMこのSIMの合いの子みたいなSIMをDMMモバイルさんがリニューアルします!

ぼくも家族持ちになったらこちらも検討の余地に入れようと思っているので調べてみました。

どうやら、キャンペーンも展開するようです!

すぽんさーどりんく

SNSフリーでカウントフリーSIMになりました!

SNSのカウントフリーはLINEさんだけのものじゃない。

これまで、シェアSIMSNSのカウントフリーかだった環境に第3極として名乗りを上げたのがDMMモバイル

もともとは440円で始められることが売りのSIMだったのですが、そこにさらなる魅力を追加実装するとの知らせを聞き、急きょ記事化することに!

これで、主要SNSをカウントフリーにすることでSNSを多用する中高生の子供さんがいるご家庭や、子育てを題材に書いておられるブロガーさん世帯にとって胸アツなサービスとしての地位を確立したことになります。

 

回線としての魅力~SNSカウントフリーSIMはこんなにもお得!~

このSIM同様にDocomo回線なので、640kmの旅路を往復しても3.6GBで済みます。(→検証結果

よって運用スタイルも含めて同様に「SNSフリーが使える最小単位である」3GB契約(月額1500+700×SIM・MAX2900円/月+250=MAX3150円)でこのSIMによる家族分のカバーは十分見込めるでしょう。

低速かかってもバーストモードでしのげそうですし。

シェアSIMは1契約につき3枚までなので、4人家族までカバー可能です。

まして、家族がSNS廃人であればカウントフリーに助けられ、ひと月の通信量も旅行ぶんだけで落ち着くことも十分狙えるでしょう。

 

【節約技】1人暮らしならWimaxを併用しよう!

賃貸の無料ネットに依存したら30分アニメを見るのに2時間かかった話

カウントフリーに加え、WiMAX家賃1万円分浮いたらむしろ釣りがくるレベルw

いま住んでる物件、無料の光回線がついて月3.5万円なんですがネットなしの近隣の同型物件だと7000円ほど安かったんですよね。

スマホ代と合算しても3344+1750=5094(円/月・3GB・SNSをカウントフリーにした場合)

今の物件と比較したらトータルで見ると2000円くらい安く生活費を合理化できたんですよ。

おまけに、今住んでる物件は田辺の物件と違って接続が不安定で信頼に欠けます。
この場合なら、低速しててもバーストで対応もできるし、SNSのカウントフリーも必要ないでしょう。(無料期間の2017年中ならテストの価値は十分ある。)

とはいえ、1Gまで下げたところで1200+3344=4544円/月までしか下がらないので1人暮らしで使う場合は少し考えて契約する必要があるかもしれません。(→比較対象

 

キャンペーン、2017年末まで発動!期間中SNSのカウントフリー代がタダ!

250円かかるSNSフリーオプション代金が2017年分は無料に!?

読んで字のとおりのサービスです。

今ならスタートキャンペーン中につき、年内使用分については無料でSNSのカウントフリーサービス、「SNSフリー」をご利用いただけます!

早い話が、これから機種変とかするつもりの人は今のうちにこのSIMとカウントフリー試しておくのがいいってことです。

18年から始めるとなるとカウントフリーを体感するためだけに身銭を切らなければ試すこともできませんから。

 

おわりに~SNSカウントフリーSIMは簡単に導入できる♪~

iphone4Sはdocomo版として復活できる!この、SIM下駄さえあればな・・・!

カウントフリーでも組み込み・手続き・Very easy!

これだけは電話でやらされるんですが、MNPを大手キャリアに対し、電話で申請しましょう。(ネットはガラケーのみ対応が多い・今の番号を継承したい場合)

次はネットでSIMを申し込みます。(あとの手続きはすべてネット上でやり、ビルトインは自分の手作業で♪)

Docomo端末なら届いた直後にそのままSIMだけを交換すればセット完了!

オプションを申し込めばその瞬間からSNSのカウントフリーサービスが始まります!

他キャリアの場合はSIMロック解除申請もしておきましょう(可・不可を含め各機のメーカーの対応に準じる)

家族持ちでSNSを多用する家庭向けのカウントフリーサービスを擁するSIM選びについての提案でした!

SNSのカウントフリーSIM化できるのは最小単位が3GB以上のプランでのお申し込みという点は忘れないように!

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!