もし、中身のない人間が大量生産される前提で存在していたなら?

もし、中身のない人間が大量生産される前提で存在していたなら?

考える力を抜かれ、空っぽなまま年だけとっていく人生で満足か?俺は嫌だね。

なんで多くの人は「みんな」をアテにするのか。
なんで「テレビ」に真実を感じているかのようにテレビの声のままに従うのか?
なんで?どうして?と脳内から湧き出ているように見えないのか?
みんなって誰のことをいうのか?

それがぼくから見える日本という環境で。

場当たり的なことに消耗させられてばかりいる人と日本人がイコールで結ばれているような気がして。

サラリーマン万歳マンって頭の中が場当たり的過ぎやしないか?

資産にならない労働量のいたずらな積み上げを何と呼べばいいのだろう?

そんな問いに「不労所得」否定の人がしっかりと答えを出せるような人がいるとは到底ぼくには思えない。

損得勘定がまともにできるのならば、やらない理由なんてどこにもないから。

サラリーマンとしてやることやバイトとして積んだ労働は資産にならず、ただ場当たり的にその場を凌ぐことに終始しているにすぎません。

その場限り役立つものを自転車操業し、「今できること」から何も成長をさせなくてもできることばかりをずっとさせられるスタイルなので長い間勤務しても「学び」にすらならないから。

たとえ、その労働が資産化して会社に蓄積されたところで自分の資産にはなりませんし、その会社の多くもまた彼らの労働を資産に変えるセンスは持ち合わせていません。

「一つの会社で一所懸命」なんて、今や年齢を重ねるごとにいたずらに人材としての資産価値をただ減らしているだけです。

 

目先しか見えない「中身のない」成人を製造している学校教育

あなたの欲求不満が無限ループして消耗が終わらない理由

ただの労働設備がただ教条主義のままに動かされてただ齢を取る。ガキと同レベのジジババができるわけだ。

定年退職になったジジババが会社辞めたとたんに老害化して足を引っ張りだし、社会全体のお荷物になるのは何故だろう。

という疑問は逆算すればここに行きつくわけです。

指示待ち人間として学校という名前の工場で労働用の設備として生産され、何でもかんでも鵜呑みにするしか能がない状態でぼくらは社会に放り出されます。

「(考える前に)とにかく親の言うことを聞きなさい」

「(考える前に)なんでもいいから先生の言うことは良く下がいなさい」

って。

てーとく
20年近く散々自分の意志と考えで行動することを禁じられる環境で言われるがまま教科書の内容を詰め込まれるために時間を浪費してきた奴に「自立」なんて機能が実装されてるわきゃねーだろ。

管理「される」ことに反抗心はおろか疑問すら持たないような「都合のいい存在」であればなんだっていい

うん十年前に受注したこういう旨の書かれた仕様書は今日も明日も会議の場でいたずらに踊り、舞うだけで根本的な部分が何一つ変わることもなく「教育」はシーラカンスのように姿を変えぬまま時間だけが流れていくのも道理ですね。

国が求めているのは自分の頭で考える人間ではなく忖度することに長け、上の言うことを鵜呑みにし、迎合するために心を砕いてくれる人間です。

しかも、老害と国にとっては何も言わずにお膳立てを黙って整えてくれるならなお受けがいいときています

場当たり的かどうかなんてみんな考えず、「みんな」と「テレビ」を盲信しているだけの人間はこのようにして「なるべくして中身のない状態で」今日も断続的に世に送り出されているのです。

 

【現代の特攻兵器】場当たり的な消耗が求められる存在に中身は無用

なるべくしてガガ(特攻兵器)になってることにそろそろ気付いてもよくね?

使いつぶしても文句を言わない下っ端。都合のいい男(女)。なるべくしてなっている存在(モノ)。

多くの日本人労働者のソフト面は散々使い倒してボロ雑巾のように捨てるためとでも言わんばかりの作りをしています。

無宗教で、議論ができない国民性という状態をもっとトゲのある言葉でまとめてしまえば「中身のない雑魚」でしょう。

オウムの地下鉄サリン事件もそんな人間で国じゅうが覆いつくされた果てに起こったとすらぼくは思いますね。

宗教であれ、グルメであれ、ゲームであれ、イズムであれ。
善悪は抜きにしてカルト的人気というパワーには抗いがたいだけの確かな強さがあるのですから。

雑魚がいくら束になろうと簡単にからめとられ、取り込まれるのは火を見るより明らかなのですよ。

 

中身のない人のなれの果て「老害」

リスペクト飢餓時代~なぜ老害は「お前」呼ばわりするのか?~

最後に残った残りかす。老害。その名は老害。

中身のない、年齢以外に価値を持たなかった人が老いさらばえ、人材価値を絞り取ったカスはそれなりの存在でしかないのは道理でしょう。

当然、人格も学びのない40年近く時間を浪費したに過ぎないから未熟なまま。

会社がなければ何をすればいいのかわからなくなってるし、生活が苦しくても何をして食べていけばいいのかもわからなくなるのもまた道理でしょう。

まるで親がいなければ何もできない赤子です。
しかも齢はしっかりとってるから未来も発展もないという絶望的な状態です

固有スキルもなく体力もなければ脳みそも老朽化してロクに働かないのではトロールみたいに暴れまわるかヒキニートの様な退廃的な生活に埋没するしかなくなりますね。

老害は虚しさに手足が生えただけのモノとも言えるでしょう。

実効性なき言いわけにすがり続けて「明日やろう」を繰り返す。
そんな形で予防を怠り、本物の空っぽ人間になってる人間が多い証拠ですよ。

サラリーマンやってるころからすでに彼らは空っぽだったし、中身を埋める努力を怠っていたことにすら気づいていなかったのでしょう。

ぼくら世代の多くもまた同じ轍を踏もうとしている。
いまだに実家にいるのが生活コストを下げられる、と「親が言うままに」言い放ちすらしている。

人は悲しいほど歴史に学ばないということが本当に良くわかりますよ。

でなければ、老害が「最近の若者は~」と嘆く歴史も紀元前2000年くらいの時期から変わってませんから無理もないと言ってしまうこともできるでしょうが。

いくら叫んだところで政治が変わることがない→それでも馬鹿の一つ覚えみたいにデモを繰り返す
みたいにね。

 

おわりに

【様式美】目先ばかり追って、40年の時を浪費して空っぽのまま定年を迎える

もはやテンプレです。
1億人のうち7000万人がテンプレ通りに死んでいってくれれば、上はほくほく顔で過ごせた時代が確かにありました。

今はお上すら考えることなき無脳集団の扱いを持て余して手を焼いているようにすら見えます。

上と周囲がそうやって消耗してる間に、無駄に気づいた人間はもくもくと戦準備を整え、才能を磨くことでし生活を防衛するでしょう。

スキルという名のGNフィールドを完成させることで。

それでも教条主義にからめとられた「都合のいい」奴隷として用意されたレールを歩くだけの空虚な人生を歩き続けますか?

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!