ホームジム付きの家でパートナーと暮らすなら1LDKあればいい。

ホームジム付きの家でパートナーと暮らすなら1LDKあればいい。

1LDKとパーテーションがあればホームジムは可能

ぼく、思うんです。
金のかけどころって家ではないと。

3畳分のスペース確保にも5000円しか増やしてません(それどころか+1000円に抑えられたorz)

知恵と工夫を駆使すれば十分な満足を保証しながら合理性を追求した暮らしは実現できるのです。

自室は彼女の部屋の一部に間借り



1部屋を2人部屋として共用

ジム設備はLDKに設置。

残りの部屋を二人で共同で使うのです。

プライバシーの問題とかあるけどどうやって実現するの?

大丈夫!ぼっちテントがあるじゃない!

ぼくはデスク1個が覆えれば充分なのでカド地にぼっちテントがあればおkです。

今あるデスクを売り払うもよし。

L字と言うこだわりを捨てればテントは十分使えます。(orリサイズしたのを買いなおす)

デスクトップPC置いてブログとお絵かき、MMDとプラモ作りができればおkですからね。ぼくの場合は。

 

151cm角をそのまま使いたい場合

側面に簡易クローゼット付き家具を配置し、目隠しにカーテンをかけ、残りの1面をパーテーションを作れば同様の状態を確保できます。

調味料などは台所スペースに遣ることができますから書類系とガンプラ、フィギュアさえ置ければおkですからね。

てーとく
むしろ共用スペースでの堅牢性はこちらが上かもしれない。

椅子付テーブルは邪魔。柔軟性を考えればちゃぶ台形式がgood

どかして布団を敷く運用で省スペース化。

椅子付きテーブルは余計なものを置き続ける習慣などの温床になります。
部屋の整理をする上でも好ましくはありません。

そこで、寝室機能もLDKに求め、合理的なスペース運用に努めます。

ベッドではなく布団にすることで省スペース化と空間利用の自由度の高さを図るのです。

てーとく
日本式家具は自由度と携帯性を重視することで狭小スペースを自在に使う思想で作られているのかもしれない

暖房とテレビは不要

【着る毛布=最強説】暖房費を破壊的に削る節約術を教える!

暖房はお客さん用。テレビは存在自体が無駄

暖房など普段の生活では無用です。
着る毛布で対処すれば厳冬期も対処できます。(複数回、冬を越しました。)

暖房など着る毛布を用意できない客人が来た時だけあればいいのです

テレビは余計な出費にもつながります。
上位互換システムも15000円で組めます。

 

おわりに



LDKにして数字を落とせばいいじゃない!

そうすれば、お金でスペースを買う必要もなくなります。

共同生活になるため、ネットについてはWiMAX1本で賄うのはしんどいかもですが。

家族が増えたら大きくなってから1→2LDKにすればおkですw

こども:朝起きたらオトンがリビングでベンチブレスしてた(暑苦しい・・・)

とかいう家ってのもおもしろそうだと思いませんか?

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!