重オタクオピニオン

【恋愛と結婚】彼氏に必要な才能と旦那に必要な才能が違い過ぎるンゴ

2017/11/22

男にはJR九州819系の様な変わり身が必要だ

[outline]

オタ恋であろうと非オタ同士のであろうとゴールに結婚を設定するならば、結婚後の大きなシフトに対応することを考えなくてはなりません。

特に男性は変わり身が早ければ早いほどいいですしそうあることが嫌でも要求されてきます。

贅沢を提供するホテルマンから完全な実用品へ変貌するという、非電化区間と電化区間を電車クオリティでそのまま走るような芸当であるにもかかわらず。

何がどう変わるのかを知りどのように備えるのがいいのかをあらかじめ知っておくに越したことはないのです。

彼氏時代とは彼女にとっては片乗り入れ先

彼女が私鉄で、ぼくがJRで~おいしいとこだけ見て考える~

例に出すには経緯からいくと色々ツッコミどころは多いけど、京都市営東西線都計審船を使って例を出していきましょう。

現在の京都市営地下鉄東西線は、京都高速鉄道が京阪より買収した京阪三条~御陵を地下鉄内に引き入れ、東西線を管理運営した後、完全に京都市が運営している地下鉄です。

浜大津から京阪山科を経て御陵以西に片乗り入れしているのが現在の京阪京津線です。

片乗り入れとは、地下鉄は京阪山科から先に行かないけど京阪800系は御陵以西の地下線を使用料を支払って共用する状態ですね。

京阪は御陵以西については地下鉄部分についてしっかり見て考えるけど、御陵以南は考えなくても見なくてもいい(一部分だけ見てればいい)ところから「男が働き稼ぐ」という例えをするなら(紆余曲折をぶっこ抜いたら)京阪が彼女で地下鉄がカレシみたいな関係になるかもですね。

女性が彼氏に対して「ファミリーカーや軽自動車よりもランクルやマジェみたいな高級車に乗ってほしい」、「高級店でディナーを奢ってほしい」という要望を出すのは彼氏の財布を気にせずガンガン使っても女性の私生活には何の影響もないためです。

ところが、これが結婚を経て家計を一つにするとあらゆる変化への対応を他がいに迫られることになります。

 

旦那になると相互乗り入れどころか合併相手になる

結婚を経ると互いの全体をよくすることを考えなくてはならなくなるため状況ががらりと変わる

結婚をするとなれば、彼女側は贅沢なサービスをを強いることができなくなるし、旦那も格好をつけることばかり要求されていたのが徹底的な節制志向という180度違う注文に対応させられる羽目になります。

クラウンに乗っていたのをいきなりダイハツのミラに改めろ、ノアを買って輸送力の増大とコストダウン重視路線にいきなり転換しろとくるわけです。

横浜以南の低速セクションに慣らされきった感覚を引きずりながら横浜以降の高速コースに一発で切り変えて対応する京急本線でのD仕業の様な芸当を要求される。

という具合に、ダンナ向きとカレシ向きというのは全く違う種類の才能が必要になるのです。

恋愛結婚でも不満を引きずって不協和音を奏でる様な家庭では恐らく、夫婦共々そういった環境変化への対応が上手くでき切っていないのではないだろうか、などと思ってしまいます。

まとめ
結婚前は外付けのサイフ。結婚後は同じ財布を持つ実用品

実用品ベースで柔軟なカスタムができる=ミレニアル世代男子の必須スキル

【時短・節約のJR東海型】料理男子・とも提督の野菜管理術

変わり身を素早くかつ負担なくできる男は優良株。

素は実用品としての旦那向きで、デートの時だけ少し格好の付く格好をするというのがいいでしょう。

ちなみに外ではパリッと決めてるぼくも僕の普段着はジャージで、寝間着は高校の時使ってた体操着です。

服選びも少しコストをかけ、丈夫で長持ちし、かつ潰しが利くものを選んで汎用性の高さに定評のあるビジカジ系でまとめるのがいいでしょう。

実用的かつ見劣りせず、過度になり過ぎない清潔感がある男子ならば、バブリーなギラギラ男子でなくとも格好はつけられます。

それから、料理ができるのもポイント高いですね。

結婚後のコストダウン転換財政に比例する「一緒に過ごす時間の満足度下落」を軽減するのに料理スキルというものは派手さこそないもののいい仕事をしてくれます。

普段の食卓居並ぶものだってコンビニ食率を減らせるので一人暮らしの時にも重宝します。

お姫さま気分はそのままに、シェフの技術料をぶっこ抜いた特別なディナーを用意し、材料にかけるコストも必要十分の最小値まで落とせるのは強いです。

デートの時も手作り弁当@ランチという飛び道具を使いつつコストダウンも両立できるのは彼氏時代を賢く生きる知恵の一つとしても使えます。

まとめ
男子は実用重視型ベースがこれからは強い!

同棲はやっておいていい



いきなり結婚することでいきなりの代わり実を要求されるのは両者に取って負担が大きい。

ミニ四駆も組み立てた後は慣らし運転をするものです。

タイヤを履き替えたばかりの車も同様です。

どんなに凡雑でもなるべくそういう慣らし運転期間は設けた方がいいでしょう。

いきなりの実戦はきついですからね。

 

おわりに

恋愛から結婚への移行は迅速かつ確実さが命

結婚と恋愛は違うのに恋愛結婚が多い世の中。

経済の専門家に言わせれば景気が悪ければ悪いほどそういう傾向が強まるとも。

恋愛結婚はお互いをしっかり理解した状態でできるというアドバンテージはありますが、結婚と恋愛の性質の違いに驚き、適応が遅々として進まないまま時間だけいたずらに浪費してしまう夫婦も少なくないように見受けられます。

適応準備は着々と進めてお苦に越したことないです氏、生涯独身でも使えるテクは少なくありません。

せめて生活力を十分鍛えておく理由がないわけないですね。

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクオピニオン
-, , , , , , , , ,