ベンツに乗るタワマン住人がオワコンにしか見えない理由 │ 陰キャのモテ道オンステージ
ベンツに乗るタワマン住人がオワコンにしか見えない理由

ベンツとバカとタワマンと

お金持ちになっても月並みな大きさの家に住み、自室をホームジムにする以外に娯楽を増やすつもりがない男、重オタクリア充のとも提督です。

仮想通貨とブログとスバル車で娯楽成分は充分すぎるほど満ち足りてますからね。

大豪邸を買うくらいなら同じくらいの土地買っても平凡な一般的な二階建て住宅を建て、残りのスペースを駐車場かマイニング基地にでもするでしょうね。

車の豪華さだってアップさせるつもりもないですし、そんな考え方をぼくはオワコンと思ってますから。。

ベンツに乗る人間は2種類いる

バカの世界チャンピオンと本物のベンツ好きだ

本物のベンツ好きは現行車種ならオープントップやSLクラスに乗ってる場合が多い。

次に多いのはステーションワゴンとゲレンデヴァ―ゲンといったところでしょう。

圧倒的に多いのは往年の旧車とわかる前時代的フォルムの車両ですね。

AやBはもとより、いちばんオッチャンが好きそうなCクラスセダンとかはバカにしか乗れないです。

「好き」以外にこれと言って選ぶ理由がない車だから。

彼らにとっては見栄えさえ決まっていてドイツ車であればAUDIも競合対象です。

酷い場合だとドイツ車かなぐり捨ててレクサスも浮気対象だったりします。

 

 

安全性が弱点の自動車・ベンツ

安全性に欠けるテンロクに400万払うとかアホでしかないな

現行車種の売れ筋モデルABCはテンロク(1600cc/1.6L)と、とってもコンパクトなエンジンを搭載してます。

ベンツといえども5000ccとか4000ccとかではないんですね。

一部PHV車も設定されておりますが、それならクラウン買った方がはるかにコスパがいいですよ。

見栄を張るのが目的ならレクサスでも十分すぎるくらいです。

バカゆえに買う理由のないベンツを買うと言う図式が成立するわけです。

旧来の衝突試験である60:40オフセット衝突試験なら確かに充分な強度を示しています。

しかし、75:25という厳しさをワンランクあげた試験になるとスバルなどは良や可をとれますがベンツは不可レベル。

2WDテンロクでそこそこの大きさの車が欲しいならインプG4買っとけば200万円ほど費用も抑えられるしコスト面でも200万円の節約になります。

欧州車特有のデメリットも考慮すればベンツ選ぶとか普通にないです。

まとめ
ベンツコスパ悪すぎ。 金ドブwwwww

都心の高級タワマン住まいとか住まなくてもクソだと言い切れる

ゲストルームとしては最適。住む場所じゃない

こんな場所は小金持ち3人くらいが共同購入して商談スペースや愛人連れ込む部屋にでも使うのが一番イイでしょう。

まず、高層建築なので巨大地震が来たらアホみたいに揺れます。

動画は新宿のビル(48階)@東日本大震災の様子。です。

震度5程度で何かにつかまってないと立ってられないレベルの揺れにまで揺れ方が悪化してます。

てーとく
地震大国日本で買う物件ではない(真顔)
次に、洗濯物は天日干し不可。

通販でモノを頼む場合も配送業者さんが届けるのに一苦労するなど、見栄で買う場所でしかないですね。

 

理想はガレージ土地付きの田舎の一戸建て

天日干しもできるし満員電車とも無縁。ヒャァァァァッホウ最高だぜェ!

閑静な住宅地で、高層建築物の少ない田舎か小規模な地方都市がいいですね。

あとは社会保険料の安い地域だであることも重要です。

天日干し出来るし田舎なら空気もキレイ。

日本円がオワコン化した環境なら「通勤」なんて言う概念に縛られる意味もありませんからわざわざ自らディストピアに住むこともない。

土地は大規模な家庭菜園スペースに出来たり作業用ガレージにしたり有料洗車スペースとして地域に開放したり、柔軟な運用ができる。

ミニマリスト的な価値観ですが「スペースという資産」という概念は決して的外れではないでしょう。

同じ額出すなら安い一戸建てを購入して残りは土地の買い付けに回しますよ。

まとめ
土地と仮想通貨>日本円
労働がオワコンなら都心に住む理由なんて皆無。

おわりに

噂通りならはれのひ社長はオワコン

はれのひという晴れの日に振りそでを用意し着付けをする企業が成人の日という晴れの日に計画倒産して詐欺事案を働いたのは記憶に新しいでしょう。

はれのひを運営していた篠崎元社長はみらとみらいのタワマンを住処にして20代女性と52歳の時に再婚し、ベンツを乗り回していたなんてエピソードも。

21世紀には生き残れない老害系人種だったのかな、と思わずにはいられなかったですね。

お金を道楽の道具に変えるな。
軍隊として働かせろ

というのがぼくのお金観です。

そんなお金観が出来上がりつつある今と言うタイミングで仮想通貨に出会えたことをぼくは感謝したい。

土地が無かったり有益な活用事案が思いつかない場合は仮想通貨に回せばいいのだから。

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!