国会議員のお仕事と使命から読み解く「足の引っ張り合い問題」

国会議員のお仕事と使命から読み解く「足の引っ張り合い問題」

ぼくが能動的に選挙に行くのを辞めてどれくらい経つのだろう。

ダイエットがてら有酸素運動と買い出しのコースに組み入れた2016年だか15年の夏以来でしょうか?

次に、ぼくらの税金は、党益のための足の引っ張り合いをするしか能のない無駄な会議の為に使われ出したのはいつからだろう。

そんな問いに考えをめぐらせたとき、あまりにくだらなく途方もないことだと悟り、ぼくは考えるのを辞めた。

投票には行かないとも決めたんだ。

国会議員は敵対政党の足を引っ張るのが仕事

揚げ足を取る才能さえあれば時給8.2万円(国会議員)

国会議員の崇高な使命は敵対政党の議席を1つへらすため、国民の利益や国益を超え、党益のために尽くす崇高なる使命を帯びている(棒)

8.2万の時給を駆使して選挙区外からパパラッチを雇用し、敵対勢力の構成員の不正をとらえ、重箱の隅から奈落の底へ追いやる使命を帯びているのです。

線香1本、おしぼり1枚まで目を光らせる徹底ぶりはまさに8.2万円/時にふさわしい働きと言えるでしょう(棒)。

まとめ
緻密な穴をでっかい風穴にして議席を確実に一つ消すのが国会議員の本分

国会議員にとってはどうでもいい社会問題

まだ政治をアテにしてるの?【シルバーデモクラシー】

内憂や外患よりも永田町の掌握の方が重要度age

線香を出汁に敵兵1人を討滅することと税収の増加や保険の整備、予算案の策定、世界株安への対応、領土問題、海洋汚染などの社会問題と。

どちらが大切なのかといえばダンチで敵兵1人を引責辞任させたり公職選挙法違反で投獄するように誘導する方がはるかに大事に決まってます。

富士山が噴火しようと日本が沈没しようと国会議員の使命は1ミクロンもぶれてはならないのです(笑)

野党は安倍を投獄するしたり引責辞任させることが第一目標で、与党は野党の議席を1つでも消し去ることにご執心、というわけです。

まとめ
「選挙終了後にどれだけ独裁政治に近い状態にできるか」が仕事であり国の発展や社会問題の解決は二の次。

投票する意味なんてないじゃない

投票しても足の引っ張り合いしかしない議員先生と国会に何の価値があるのか教えてくれよ?

穀潰しのために使う時間は1秒足りとてないことを国会議員の先生方は知って頂きたいものですね。

いっそ議論なんかやめてクールダウンがてらお日様の下で国会議事堂の前に戦時中みたいに畑を用意して与野党関係なしに全員で畑を耕せばいいのです。

そうすればよく畑を耕してくれそうな筋肉量の多い先生に投票しますよ(笑)

居ても居なくても一緒の議員さんしかいないのなら無政府状態の方がよほどましです。

国庫に時給8万円が数百人分残るわけですからね。

まとめ
「どう足掻いても絶望」なバグゲーに踊らされた挙句、時給8万という無駄な国家支出を生み出す悪に加担することの何がいいのか教えてくれよ・・・

おわりに

【弱肉強食】自然の摂理と童貞と処女。ときどき三十路

ぼくらはきっと、ルールに従うことへ絶望した世代なんだろう

ルールに従うことが正義だと教えられ、言われるがままに言われたとおりの正義を為してきたと言う人は多いでしょう。

それで何かいいことがあったか?
、と言われて首を縦に振る人間は一体どれだけいるのでしょうね?

仮にたくさんいたとしても学習能力というものを備え、自分の頭で考えられる人間がどれだけいるのでしょう。

日本の政治はバグゲーであると悟り、投票で変わらない未来に絶望したぼくにとっての投票とはパチンコや宝くじと変わらない「無駄」なのです。

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!