重オタクオピニオン

【時計・タバコ・パチンコ】昭和臭がする野郎の趣味3選

2018/04/04

高級腕時計とたばことパチンコする野郎は平成終わっても昭和110年とかを生きるオワコン

[outline]

たばこと平成の終わり

喫煙者の言い分:偉い人との交流に必要なんだよ

昭和と違って昇給しない90年代以降にタバコは無用の長物でしかないのです。

タバコ女はダメだと過去記事で言ったことありますが、男だって当然のようにダウトです。
費用面でも「こんな無駄」を抱えることになるのですから。

後述のパチンカス野郎にも言えることですが、金を稼いで来るべき男が金食い虫になるどころか、投資と浪費の違いもわからないようじゃダメです。

まとめ
昇給する時代にタバコ休憩での交流は無意味であり無価値。
転職サイト使った方が効率的に収入アップが見込める
 

パチンカスはもはやカスでしかない

パチンコ店にずっといる香具師は金を浪費してる分テレビっ子より質が悪い

パチンコのために借金する人間はキャッシュレスの世の中であってもカードを持つな、と例外事項として書いたことはあります。

実際、パチンコ店にいる間はパチンコ店にお金を落とし続けている時間でしかなく、稼いでいるとは程遠い。

トータルで客に負けてもらう前提でないとパチンコ店は「商売としてやっていけません」からね

そこに、テレビ同様の時間の浪費というもうひとつの悪い要素がのしかかってくるのですから酷いものです。

動作についてのみ言及すれば、パチンコ台の前にいるかテレビ画面の前にいるか以外に変わり映えしないですからね。

まとめ
稼ぐ男はパチンコなんてしない
そういうクズみたいな臭いするパチンカス野郎はゴミ山に捨てるべき
 

趣味者の言い分:偉い人との交流に必要なんだよ

ぼくは100万円ほどする時計をよく買う趣味者の男と交友があった時期があります。

「法人の保険の営業の時代は大層この趣味が役立ち、高額の契約をとり憑けるのに一役買ったのだ(だからオメーも営業職なら1本買っとけよ♪)」という武勇伝を聞いたものです。

これを聞く度に、奥方様になる女性はお金で苦労しそうだな、なんて思ったものです。

彼にはさらにこだわりがありました。

ロレックスやオメガみたいな金満キャラ丸出しな時計は買わない、というポリシー。

マニアックさをアピールしたりキャラ立ちという意味では確かに理にかなった回答だとは思いましたけどね。

ただ、換金という話になるとロレックスとオメガは資産価値が落ちにくいブランドである一方、他の高級腕時計というのは資産価値の落ち方がひどいのだとか。

もっとも、ロレックスであっても実用品とは程遠く、嗜好品でしかないという点は変わりないので、趣味者からは喫煙者と同じ種類の昭和臭が漂っていると断言できるでしょう。

まとめ
高級腕時計趣味者は喫煙者同様の負債を抱えた「昭和の人間」
 

平成から先を生きる男がやってる投資性の高い趣味

実用性の高い男の趣味ベスト3
  1. 筋トレやフィットネス
  2. ゲーム
  3. 家事全般

節約性の高さ・ローコスト・投資的運用が可能になる趣味

筋トレやフィットネスを趣味にして健全かつ頑健な肉体作りをしている男性はかなり理想的ですね。

昭和の企業戦士のように長時間労働上等で働いてきた団塊世代やぼくらの父親世代は「介護費」「医療費」という負債を老後に抱え、苦しんでいますよね?

その反省を生かす形で、足腰を強化して医療費節約を目論むことで昇給も難しく老後のサポートも乏しくなるこれからに対応することが出来ます。

続いて家事全般。
これは栄養管理や精神衛生の保全という形で健康に寄与することが出来、マニアックに栄養などについて探求すれば家族単位でプロテクトをかけることもできます。

ぼくのようにブログ記事上で成果を発表することで換金性も帯びさせることだってできるあたりかなりいい趣味でしょう。

そして、ゲーム。

今やプロゲーマーとして賞金稼ぎするだけでなく、素人や子供がリアクションを見せる実況というジャンルのビジネスにもなり、ネットが発達してなかった時代からは想像もできないような換金性を帯びた趣味となりました。

当然、業界の発展に伴ってエンジニア系の雇用も豊かになっていくでしょうし、ゲーム好きになることを害悪とみなすのはもはや昭和臭にあふれた時代錯誤なのでしょう。

 

おわりに

昭和臭のする異性と結婚したら家系ごと昭和の副葬品になる宿命を背負う

予言しましょう。
昭和臭がする人間は男女関係なく没落が約束される、と。

平安時代に貴族が作った文化も、安土桃山時代に武士が確立した文化もそうであったように昭和の企業戦士が作った文化も今、イケてる文化ですら時間の経過とともに変質を強いられる宿命にあります。

それに逆らうなど愚の骨頂でしかないのですが、昭和に染まった多くの日本人たちはなぜか若者まで昭和の価値観に固執しようとしています。

わけがわからないよ。

平成という一時代が間もなく終わりを迎えようとしてますが、ぼくらの意識もまた平成より先に向き、最適化する努力を怠らないとたちまちオワコンになる。

いくら昭和の理屈が絶対的な正しさを誇ろうとも、昭和の理想の実現に必要となるコストは経過した時間の量と比例して高くなっていくのは避けようがないのです。

今という時代にマッチした生き方を選んだ方がはるかにコストが軽くリターンも大きいのだと知らない男が多いことは残念でもあり、同時にチャンス性にあふれているとも言えましょう。

ぼくらは趣味ひとつでも選択を強いられていることだけは自覚すべきなのでしょうね。
昭和や平成とともに枯れ死ぬか、これからを生き抜き栄達するのかを。

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクオピニオン
-, , , , , , , , ,