童貞脱出に必要なものが脳のスペックとPDCAする習慣である理由 │ 陰キャのモテ道オンステージ

童貞脱出に必要なものが脳のスペックとPDCAする習慣である理由

童貞脱出に必要なものが脳のスペックとPDCAする習慣である理由

脳を使ってない生活+PDCAしてない人間にとって恋愛は鬼のように難しい

「別れて」と言われたらゲームオーバー

生きていても死んでいても惨めなだけの人生で満足か?オレは嫌だね。

中学時代の2回の恋は全部こういう結末でした。

ひぐらしは鬼隠し編・綿流し編・祟殺し編・暇潰し編・目明し編・罪滅し編と続き、祭囃し編まで8(7)パターン9編で構成された無限ループの謎解き物語。

エンドレスエイトで8回(作品内では15000回越え)。

ひぐらしで100年越え/2週間なので凡その数字を出すと24回/年とカウントするのでこちらのループ回数は2400回(100年)越えとなる。

最適解に到達するのに創作でも7度を超えるリテイクを要したようにぼくも4度目まで根本的な改革を実現することができずに恋愛で同じ過ちを繰り返しました。

共通していたのは「別れを切り出されたら回復は絶望的」だということ。

つまり、自らの欠点について知りたくば注意深く彼女のリアクションを観察し、判断した上で立てた仮説をもとにあぶり出す、ような地道な検証を必要とします。

「欠点を言ってくれ」とお願いすることは「自分は考えることのできない不良品なんだがそれでも付き合ってくれ」と突きつけてるようなもの。

嫌悪感の溜まり方が尋常ではないほど大きく、言った時点で契約破棄を申請される可能性が極めて高い。

童貞を脱出するまで「別れて」と「ごめんなさい」を何度言われればいいのかと聞かれても「わかるまで」としか言えないのです。

「わかるまで」って言うと私立校や塾のセールストークみたいですが(笑)

まとめ
お店に頼るという裏技もあるけどね(黒笑)
ぼくが繰り返した悪行は「鬼電・鬼メ」と「レスの強要」という鬼の3連コンボ

「悪いとこ治すから」←ムリゲー

いちいちクレーム入れるのだって労力がいることを忘れるな

もし、食い下がる時にそのようなセリフを吐くなら「ママのお腹の中からやり直す」ことまで考慮しなくてはならないかもしれません。

クレームを入れるのってクレーマーでもない限りけっこう面倒な話だし、改善されてもクレーマーやるみたいに侘びの品がくる保障はありません。

授業料1000円/回くらいは納めるつもりで頼まないとダメ(笑)

それに、理屈がわかったところで学校の再テストと違って恋愛は「書き直せば終わり」じゃない。

もっと複雑な処理をする作業なのだから同じ間違いを何回も犯しやすいものです。

相手にしてみれば、指摘するも何も、承諾してしまえば直るまで付き合うことになるのだから嫌に決まってますね?

まとめ

相手が支払う労力と改善までの長さと徒労感を考えろ。
相手はその台詞を聞いただけでそこまで予想し、疲れてしまうんだよ。

気付け、バカ童貞。

キサマは不快だ。とっとと失せろ!

別れを切り出された時点で唯一判明する「解」

恋愛の論理面の修正作業は算数の虫食い算。

x(スタート)+y(過程)=z(結果:キサマは不快だ)なのでここで求めることになるのはyの構成要素です。

yの中には加点要素と減点要素が混ざっているし、検証作業は大変の一言に尽きます。

1回の間違いで検証できる結果は限られますが、個々は辛抱強く相手を変えながら見つかったエラーを一つずつ潰していくしかありません。

恋愛という戦場(ステージ)の中で童貞を卒業するというのはすごーく地道なゲームだと言えましょう。

まとめ
恋愛は
千里の道も
一歩から

おわりに

【売れない車に学ぶ】結果の出せない童貞が童貞に甘んじる理由

年齢=童貞歴を抜け出せない理由

ヒトコトで片づけるなら脳のスペックに問題アリでしょう。

よほどのイケメンでもない限りまともにPDCA廻せないと童貞卒業はおろか彼女すら出来ません。

恋愛というのは初歩的な心づかいの積み上げが要求される種目だけに地道さが求められるパズルゲーのようなもの。

PDCA廻すことができて初めて反省がまともに出来る状態になるのですが、残念なことに無限ループ物の初回が無限ループであることすら気づかないようにPDCAの必要性にも気づきにくい。

頭を使う習慣の有無が「早さに関して物を言う」ともいえますね。

そんなわけで、なかなか付き合えない人や、毎度すぐ愛想つかされる人はまず「日ごろから頭を使ってるかどうか」を顧みるのがいいっぽいのです(にぱー★)

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!