男が恋愛にストレスを持ち込んではいけない理由

男が恋愛にストレスを持ち込んではいけない理由

恋愛をする上でストレスは大敵。 自己管理を徹底して損はしない!

どもども!異常なくらい自己管理を徹底し隊!
重オタクリア充のとも提督です。

恋愛を上手にして行くうえで自己管理は何よりも大事なことだとぼくは日頃から思っています。

パートナーのことも気にかける必要があるのに野郎が自分すら持て余してしまうとかお笑い種もいいところです。

女子には女の子の日とか生理とかいう理不尽が付き纏うのでしょうがないけど、男子には無縁な話ですので、自分の機嫌すら満足に自分でとれないなんて大人の男なら大いに恥じ、悔い改めなくてはならないでしょう。

今回はなぜ、男子が恋愛にストレスを持ち込むべきではならないのか?
持ち込んだときのリスクなんかに触れながら学んでいくことにしましょう。

 

【自己管理】恋愛とストレス

不機嫌を持ち込むとその不機嫌は輪廻しまくってなかなか出ていってくれない

「恋愛にストレスを持ち込むのはよくない。=持ち込まない。」
これはぼくのこだわりの一つだったりします。

ストレスが溜まっているとメンタルが不安定になりがち。
なので思うように相手に幸せをギブできないし、素直に相手の好意を受け取れなかったりするかもしれません。

それに、ふとした拍子でパートナーに辛い言葉をぶつけてしまうかもしれないし、余計な心配もさせちゃいますからね。

自分の機嫌くらい自分で取るのがスジですから、自己管理で何とかなるうちはとっとと自己解決した方がスマートです。

もし、予期せぬタイミングで相手に辛く当たってしまったら辛く当たった分の反動がやはり予期せぬタイミングで帰ってきたりもします。

それが連鎖すればストレスの押し付けあい、という地獄へと突入してしまいますからね。

 

ストレスが連鎖すると生理不順やうつなど病気のもとに

恋人持ちはぼっち以上に「病は気から」という言葉をバカにしてはいけない

ぼっちなら自分一人が苦しめば済むことですが、相手がいるとなると話は変わってきます。

特に、女性は生理不順などの元になるし、その生理不順が時に「妊娠」以上に厄介な災禍をもたらすこともある。

それに、社会人を取り巻く日本の労働環境は人体というデバイスについてあまりに無知なまま取り扱っている現場だらけなので、彼氏が追加ダメージ加えるとか言語道断なのですよ。

もし、ぼくが調子を落としてたり過度に忙しくて通話に出ないことでちょっと不満をためられても、ぼくに余裕がないせいでもっと難儀することを思えばはるかにマシですし。

連日、無理がある状態で通話に出れば、ぼくも消耗していろんな不都合に苛まれてしまう。
そこら辺の管理もシビアにやるくらいで不足はないでしょう。

一番バカなのはできることとできないことを弁えることさえできず、無理を押しすぎて事故る男。

自分が病に倒れるもとにもなるし、相手を共倒れさせるリスクそのものでもあります。
そんなバカになり下がるくらいなら死んだ方がマシですw

まとめ
病気のリスクは恐れすぎくらいで丁度いい。
軽視したとたん、自分も含め、人間はヒトをぞんざいに扱うようになるから
 

【てーとく流】気持ちよく恋愛するためのストレス解消術1

うまいもの食ってうまい酒を飲む

アルコールにばかり依存するのはよくありません。
キッチンドランカーになってしまっては廃人になるのと同義ですからねw

しかし、美食のために嗜むくらいは許されていいのではないでしょうか?

美味しいごはんと共に嗅覚と味を満足させてくれる酒を一緒に味わうのはとても良いストレス解消になります。

ぼくの場合は料理男子でもあるので、作る楽しみもプラスするんですけどね!

「作って」「食べて」「飲んで」ストレスを確実に誰の気分を損ねることなく解消できる素晴らしい方法なのでオススメです♪

まとめ
ぼっち飯だってウマけりゃ人を十分幸せに出来るし、事故率も少ない
 

【てーとく流】気持ちよく恋愛するためのストレス解消術2

心ぴょんぴょんは密林を抜けてラビットハウスからやってくる!

徹底的に趣味に走る(それでもうまくいかなけりゃ寝逃げ)

できれば、細かい作業なんかを必要とせず、かつ没頭できるものがいいですね。

映画鑑賞やアニメ観賞などの趣味があればそちらに没頭することをお勧めします♪

Amazonプライムビデオなら月額なら400円、年払いなら月額換算325円で使うことができます。

映像がいらない時は、音楽だってたくさん追加料金なしで聴くこともできますし♪

一人暮らしならタブレットを使うと場所を選ばず視聴することができるので更にオススメです!

 

おわりに

できれば生理不順という理不尽とは無縁の男性が配慮しよう

女性に降りかかる女の子の日は、避けようのない災難。
それがない男子がフォローに回るのがスジでしょう。

それに、戦況考えても男子がフォロー回った方が得点につながるし、亭主関白なバカをごぼう抜きすることだってできます。

それに、自分の機嫌を自分でとれるだけで性別関係なく好かれやすくなるし、自分の機嫌すら満足に取れない馬鹿のほうから嫌ってくれるようにもなります。

相手のためだけでなく、自分のためにもぜひ、自己管理を徹底してみませんか?

色々おいしいですよ♪

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!