重オタクオピニオン

ガチで死にたい人が味わった自殺寸前の感覚とは?

「死にたい」とは?

今から書く内容は、ガチな自殺経験から這い上がったぼくの経験です。

比較的とはいえ幸い、今は五体満足でブログを書かせて頂いてます。

今、自殺を考えてる人。
自殺を考えてそうな人が身近にいる人。

そんな人にこそ読んでほしい。

自殺を思い留まらせることで多くの人の快適な生活が守れます

自殺を思い止めればぼくと同じ無駄を味わう必要もなくなる。

ぼくは伝えたい。

死と引き換えに払う対価はとても割に合わないって知ってるから。

五体満足でも安くないと思えるレベルの苦しみだけを味わうのだから。

もし、非モテが理由なら

[outline]

自殺にさえ夢も希望もない

結論から言いましょう。

死という果実を手に入れるのに払う対価はあまりに高いって。

いい取引ならぼくは童貞のまま死んでいてこのブログも存在してないのですから。

生きる=意味も希望も見いだせない無明荒野をアテもなく彷徨うこと。

今でさえ「痛みなく死ねるのなら」という夢を思い描くことがあります。

なんでこんな釈迦力になって夢を追わなきゃいけないのかって苦痛はまだ続いてるから。

多重債務者じゃないけど、こっちの方がまだ払えるという理由で生きているだけ。

こんな選択を強いてくるくらい死が代償として求める痛みや苦しみは大きい。

もうちょっとマシな取引だったらよかったのに、と言うのが本音です。

 

自殺を実行に移したきっかけ

自殺を考えるほど病む

キッカケそのものはほんの些細なもの。

「溺死ってなんだかあっさり実現できそう」

飛び込んでおぼれて呼吸困難であっさりぽっくりってな具合の青写真を描きました。

こんな安直なご都合主義そのものな青写真を描けてしまった瞬間がイチバンやばい。

この安直さに、無明地獄すべてをそぉい!という無茶をやらかすことが自殺。

トリガーが解放されるのってほんの一瞬。
だからこそ止めにくい。

このようにキッカケ自体はバカバカしい上にほんの一瞬なんです。

五体満足で返ってこれない例も

アドバイザーをさせてもらってる童貞サロンでオーナーを務めるふじもんの場合。

彼は記憶がない状態でやらかしたわけですが、彼は五体満足とはいかなかった。

うつ療養のために宇宙に長くい過ぎた宇宙飛行士のように筋肉スカスカに。

その結果、+15kgの激太り。

頚椎症に加えてこの仕打ちとかどんな罰ゲームだ?って話です。

ぼくは運良く五体満足で帰ってこれただけなのだと気づけましたよ。

まとめ
自殺をすると単純にペナルティが増えるだけやで!

なんで人は死にたいと思うの?

がんばってもがんばっても辛いだけの社畜人生。

がんばって何とかなった試しもないのに「がんばれば何とかなる?」

そうやって頑張れと追い込まれるばかり。
それもやみくもに。

死にたくならない「わけがない」んですよ。

夢を見るどころか生活を維持するだけでバグゲーなのに「夢を見ろ」やで?

うん、頭おかしい(マジキチ)。

こんなマジキチなやり取りであふれているから人生が無明荒野と化す。

終わりが死のほかに見えない無明荒野なら誰だってショートカットしたくなります。

ぼくだってすでに生きることそのものに疲れてますから。

まとめ
マジキチ満載の空間にいれば誰だってひどいバグを起こすっしょ?

死にたいへの対策

死と言う選択肢がなくなれば解決すること。

死ぬ?ないない!って。

ぼくみたいにね。

死ぬ気があれば起業だってできるし、大して稼げないブログを2年半続けることもできる。

ぼくよりキツい状態のふじもんさえ起業できたのです。

死という取引をリアルに味わったぼくが言うんだからそこは保証します。

まとめ
自殺未遂経験者:自殺してみたんだが、とムダなペナルティをムダに背負うだけだったよ。

おわりに

自殺って払える借金ですか

生きていても良いことなんてあんまりない。

これ書いてるぼくは今でもそう思ってます。

ですが、自殺に比べればまだ何とか払える借金です。

それこそ、利子がない分一括で1億取り立てられる方が安いかもしれません。

ですが、分割払いの方が一撃当たりの苦しさはマシですよね?

多重債務者みたいな暗い考えですがムダな自殺を止めるときだけは役に立ちます。

本当はとっとと死にたいけれど、割に合わないから夢を描いて生きなおす。

自殺のリアルなんてこんなものなのですよ。

ここにたどり着いた幸運

読者様はここで自殺のムダさを知ることができた。

これはとてもラッキーなことです!

背負わなくていい無駄をスルーできるキッカケを知ることが出来たのだから

知っていれば、自殺未遂なんてしなくても人は生きなおせるのです!

もし、身近に死にたがりがいたらこの幸せをシェアしてもらいたい。

いち自殺経験者としてぼくはそう願わずにはいられません。

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクオピニオン
-, ,