重オタクリア充のおすすめ!!

高級なデニムが高い理由が深イイ件について【メンズ】

2019/02/18

もはや作業着と思うなかれ

童貞サロンにアドバイザーとして入ってからデニムの良さに気付いた男、てーとくです。

こだわるべきアイテムとしてこのブログでたびたび紹介している「デニム」。

何に対して値段が付いてるのか調べてみたんですよ。

この記事を見れば、高いデニムがどうして高いのか!

を知ることや、デニムに魅せられた友達を理解できるやもしれません!

作業着出身、なんて意識が吹き飛ぶほどこだわりのデニムって素晴らしいのですから!

すぽんさーどりんく

[outline]

5000円以下と違う高級デニム

人件費+ブランド費+技術料+糸を生地に加工するのにかかった手間。

デニムの値段は主にこれらで構成されています。

ヤコブコーエンみたいにパッチが特殊な皮革だったりフレグランスがつくことも。

デニムってウォッシュ加工の跡や生地のきめ細やかさが特に深イイんです!

ファストファッションのはサっと機械で素早くウォッシュしますが、高級品は違う。

淡さを出すべき箇所に適度な加減で軽石を滑らせていく。

作り手の感性と経験がうなるポイントなのです。

作り手の技と心と人生を感じられる素敵アイテムなんです。

これを知ったら普段使いのが高級デニムか気になりだすでしょう。

そんでもってそれがこだわりの逸品ならものすごく愛着を持って接しますよね?

ウォッシュとは?
軽石や漂白剤でデニムへ濃淡をつける作業。
職人のセンスが最も試される工程。

ヤコブコーエンに学ぶ「高級」

体型フィットを考慮したアイロン加工やウォッシュの仕上がり。

そして、使われる岡山うまれの生地とデザイナーの相性にリベット選びのセンス。

ステッチワークに込められた気遣いと魅せ方。

付属品にも手を抜かず、五感にまで訴える多機能性。

顔であるパッチ部分も当然のようにハラコで完全武装している。

こういう要素をどれだけ満たせるかがデニムの価値を決めると言えましょう。

まとめ
ヤコブコーエンJ622が欲しい件

ぼくのお兄デニムを再評価

ぼくのはJACKROSEという国内ブランドのブラックデニム。

1.8万くらいで購入した記憶があります。

ハラコ生地のパッチにいぶし銀のようなアクセントとなる銀糸。

職人の手が入ったとハッキリわかるウォッシュ加工が光るひと品。

お兄ブランドのモノでありながら経年劣化を楽しめる一生ものとして使えるのもうれしい。

ヤコブコーエンのB級品みたいではありますが、安物じゃない確かな品

生地も素性が確かな岡山生まれ。

職人とデザイナーの気遣いに、買って10年近くたってから気付くてーとくであった。

まとめ
買った時より好きになる・・・これが勉強・・・!!?

おわりに

カジュアルとエレガント。

デニムは生まれこそ作業着ですが、今やどちらも表現できるアイテム。

ウォッシュ加工の繊細さとデザイナーのセンス。

生地の品質がモロにユーザーの印象を決め打ちしてくるシビアさ。

決して生半可なチョイスが出来ないアイテムです。

上品に着こなし、男としての格を上げ、物を大切にする心も養いましょう。

ぼくらは綿の塊だけでなく、作り手の思いも背負っているのだから。

安物でごまかさず、着てるデニムに恥ずかしくない生き様を見せていきましょう?

すぽんさーどりんく


Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクリア充のおすすめ!!
-, ,