しまむら(メンズ)がムリゲー級にダサい理由

しまむら(メンズ)がムリゲー級にダサい理由

しまむら海域(男性用)はムリゲー級

しまむら海域から大学時代に全力離脱した男、てーとくです。

知恵熱を出して混乱→購買を避けられた、とも言えます。

安いからと侮ってはいけません。

しまむらと言えば「オカンの買ってくる服」を売っている場所だから。

ダンロップ先輩とかを買ってくるカーチャン御用達ですから!

そんな場所でオシャレして来いというセリフがどれだけ横暴な内容か、わからないとは言わせませんよ?

と、いうわけで。

ビタ1文ムダにしたくない
モテ服が欲しい!

そんな漢たちのために面白おかしく全力で警鐘を鳴らしますぞ!!

すぽんさーどりんく

満たされたダサい服の条件

癖が強すぎる
シルエットを無視したつくり
粗悪な生地

この3大条件ほか、ディテールの部分でお粗末さが目立ちます。

縫製が雑、などのディテールもね。

しまむらのメンズ用アイテムはほとんどこれらの条件を無視しています。

致命的なのは、Tシャツ。

冬でも扱いをためらうレベルですから。

オシャレアイテムの条件
  • シンプルで使いやすい
  • シルエット重視
  • 機能性や肌触りに優れる生地

Tシャツ(地雷)←しまむら名物

Tシャツは夏でもトップスとして使えるものが最良です。

無地のものでも安物の紳士肌着とは違い

シルエットと肌触りがこだわり抜かれていれば問題なしです。

上の写真みたいに、目立たない程度の柄が入っている程度が理想。

ですが、しまむらのTシャツはお土産物よりゴテゴテと安っぽいプリントがデデーン!ですからね。

中学生以下でもなければファッション上級者でも扱いきれない代物かと。

冬場ならTシャツは完全に肌着なので少々シルエットがルーズでも問題ない。

ですが、しまむらのは冬でもためらうレベルです。

プリントがひどすぎて。

しまむらはメンズが少ない

しまむらのメンズコーナーをさらに地獄にしているのはアイテムのクセだけじゃない。

点数が少なく、「逃げる」余地が狭いこと。

レディースは日常で着てても問題ないクオリティ。
地雷を避けられるだけの数が揃ってるのに。

カッターシャツと肌着、靴下でも買っとけ、というわけです。

靴下もあくまで「仕事用」。

社畜がコストダウンに使うくらいしか基本的には用途がないのです。

点数の少なさゆえに。

まとめ
逃げ場がない!

しまむらは上級者向け

クセの強いアイテムは上級者しか使えない。

冬場のTシャツごまかし術だって初心者では使えない

ストリート系ファッションに組み込むにしてもとにかく難しい。

ストリート寄りしか作れない時点できれいめコーデなんてムリゲーなんです。

逃げ場のなさを見れば上級者ですら裸足で逃げ出すレベルですぞ!

客層にくたびれた社畜、ご老体、オカン、初心者や陰キャが多い。

なので、初心者が初心者向けだと錯覚してしまいやすいのも難儀。

雑誌で勉強してから来たクチだと知恵熱を出すほどワケがわからない光景です。

 

初心者は100%ダサくなる

例えば、初心者向けだと錯覚してフラフラとしまむらに入店する。

例えば知恵熱にやられたとする。

例えば持って帰って着て雑誌と見比べてから全力で後悔する。

低価格なので傷は浅い。

だからもう一度入っては敗北を繰り返す

ダサい服をバザーとかで二束三文で処分する羽目になる。

やってることも選んだものもどこまでもダサくなる。

これがメンズのしまむら地獄です。

安価だからと見くびって無事でいられるのは女子供くらい。

貧しい企業戦士を除いて、男の来る場所ではないのです。

すぽんさーどりんく

nano・universe(ナノ・ユニバース )

あわせてよみたい(男のしまむら地獄)

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!