重オタクビジネス論

家庭を犠牲にして仕事に縛られる日本男児とかいう社会問題

2019/09/14

家庭を持ちたいので社畜は辞める前提のオタク男、てーとくです。

専業ATM旦那とその集合に属す本当のリスクをぼくは熟知してるので。

仕事のために家庭を犠牲にするのは、確かに男の美徳であり守るべき常識です。

日本における賃金労働者という世界では。

それゆえ、常識の為だけに作られた家庭は必ず破綻し、災禍を招く。

📝こんな読者様のために書きました

  • 男は就職したら結婚すべきだと世の常識は言うけど不安だ
  • 結婚したくないけど結婚しろ言われて困惑なぅ
  • 自分は家庭を持つべきか、非常に悩んでいる

常識とは正義ゆえ、人が従うべき規範です。

ただしそれは「更新されるまでの間」という但し書き付きでのこと。

なので、迷ってる人のため、もう1つの道を提示したい。

納得できない道が2つできるだけかもですが、選択肢だけは増えますからね。

[outline]

 

男は仕事をしてるだけじゃダメ?

家庭を作るならNo。
ってのが答えですね。

仕事してるだけの男って嫁にワンオペ家事させといて無茶ばかり言う。

そして、仕事を盾に押しつけがましく対応する。

ATMとしての優秀度だけで旦那を選んだ嫁も怠慢の責任を負う必要アリ。

専業ATMが家庭を地獄にしてる数多くの前例から何も学んでないので。

なので、家庭を持つなら男って仕事をするだけじゃダメなんです。

これは前例に学ばず常識に盲従した結果、予定通りに発生する悲劇。

予定調和の悲劇は避けられる悲劇。

悲劇を避けるための対策を考えて打ち立てようではありませんか。

「轍がある、さあ踏もう」をやらかしたいのならスルーしてもらって結構ですがね。

行先案内
ATMでしかない社畜男性→こちらの窓口へ
ATMが欲しい女性→こちらの窓口へ

 

仕事のために犠牲にすべきものって?

それは、家庭。

誰が決めたかわからないけど常識は「家庭」と書き込めって命令してくる。

犠牲にするために存在する家庭を守るためという矛盾を放置して。

そもそも、仕事のために犠牲にしなくてはいけないモンがある時点でおかしい。

仕事の為だけに生きるなら計画段階で家庭を排除して然るべきですし、

本当に守りたいものが家庭ならどう考えてもその職を選ぶのは間違っている。

おかしいですよね?
仕事のための犠牲なんてエラーって。

 

笑顔が犠牲になった家庭

笑顔が犠牲になった家庭に充満するのは憎悪と不満。

笑顔どころか感謝までが1ピコ単位すら存在しない。

そんな地獄を維持運営するために、多くの男はATMをやっている。

「癒し・やすらぎ・会社にない成長促進」

家庭の機能はこの3つですが、

感謝が枯れ果てた空間に癒しや安らぎなんてあり得ませんよね?

美徳は推奨してくるけど、家庭を犠牲にする働き方はアリですか?

 

笑顔が犠牲になった仕事

始業ぎりぎりの出勤。
ボーナスタイムにすら見えない残業。

疲労に比例して仕事の質も成果もデバフ連続魔。

量をこなすことだけ考えさせられるやっつけ仕事の山。

こんな仕事を強いられる職場に居たら成長できそうではありますが、

確実に荒んでいきます。

荒んだら人もお金も寄り付かなくなり、会社のために破滅を約束されます。

笑顔があるからATMでもいい仕事が出来る。
笑顔があるから早く出勤する気も起る。

常識だからと無理を強行し続ければいずれ病んで倒れる。

やる気ないなら脱落しろや!

脱落先だて豊富だし、これこそが守られて然るべき「原理原則」なんですがね。

 

家庭を犠牲にする仕事人は人じゃない

まず、考える力が死んだことを証明してる点で人間じゃない。

考える力があれば、家庭と仕事にイイ循環を作る方法くらいあっさり理解する。

いいと理解してるから進んで実行する。

悪循環にしがみついてる時点で考えを放棄した人間もどきなんです。

人は脳を極限進化させる道を選んだ種。

脳は考えるためにある演算装置。

考えるという行動を棄損するやり方は人としての在り方に反しています。

会社でヘトヘトになるまで絞られるのに
家まで地獄にしてさらに疲労?

ヴァッカじゃねーの?

とっとと離婚するかマシなとこに転職しやがれ!

これ以上、嫁も子供も不幸にする前にな!

 

犠牲ありきはベストですか?

仕事だけでなく、あらゆる分野において

犠牲が発生する選択はベストでしょうか?

戊辰戦争での江戸城は流血開城がベストだったのか?

働いててつらいだけとか死にたくならないの?

違いますよね。

最大のリターンを得るために犠牲が大きいまま放置とか人間のすることじゃない。

儲けを出すというセンスの話でもありえない。

そこを何とかするために頭を使えるから人間を名乗れるんじゃないですか。

まとめ
無駄な犠牲を出すのが仕事ってちょっとおかしくないですか?
 

稼ぐために犠牲は必要不可欠?

そう思ってる人は視野狭窄に陥っている。

それも重篤で難治性である場合が多い。

「いい学校に行き、いい会社に行け」
とばっか聞いて齢を取ってますからね。

いい会社で勤めるために家庭を犠牲にしてきた先輩に習え

休日出勤・無償奉仕
カミカゼ精神・愛社精神
倒れるまで稼働し続けろ。

けど、収入ってそうしないと作れないの?

もちろん、違います。

大家さんや地主さん、投資家、ビジネスオーナー

そんな層だっていることをぼくは下の書籍をはじめ、方々で学びましたからね。

家庭か仕事、どっちを犠牲にする?

  • 計画段階で家庭を作らない方向で
  • 計画を見直し、犠牲を作らない方向で
  • 犠牲を必要としない方法はある、という前提で最適な方法を模索

仕事が楽しすぎるというのに家庭を作って雑事を増やすのはナンセンス

というなら実害を出す前に家庭を作らない前提の人生を設計しましょう。

「ぼくは会社と結婚してるんです」ってね。

家庭を持ちたいし仕事が全てじゃないなら、

収入の作り方を見直し、家庭という安らぎの場を守る前提の計画を立てましょう。

常識を盲従してディストピアの悪化に加担する必要などないのです。

ぼくは仕事しないシーズンと曜日、時間を必ず設けて利益を出す。

と言う設計で収入を作ることを誓いました。

色んな戦いを経なくてはいけませんが、

死ぬという退路は絶ったので信用を損耗してでも絶対に退きません。

 

家庭を犠牲にしない稼ぎ方へ

一番の理想は投資用のマンションや金融商品を蓄え、配当金や家賃で生計を立てる。

自分のセンスがオワコンになってもマックジョブに走らなくていいために。

というところまで計画を立てています。

その為にはメディア運営で脱社畜して投資商品を買いあされる程度に稼ぐ。

独立後のスケジュール帳が真っ黒にならないように。

という設計を前提にして。

🏢独立後の労働で重要視してること

  • 休みを確保すれば家庭に参画できる
  • 常識通りギスギスした家庭を作らなくて済む
  • <家庭への参画をダブルワーク同然の地獄にしない/li>

ぼくの場合は親族の会社に繋がれており、転職が極めて困難なので使えませんが

転職という手段を使い、100万単位で年収を上げて資産増強するのもアリです。

お金があれば独立も加速できるんで、やれることも増えますからね。

すぽんさーどりんく




Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクビジネス論
-, ,