重オタクビジネス論

社畜が社畜を批判してみるテスト(まっとうな批判)

社畜という働き方を力不足ゆえ強いられている男、てーとくです。

ぼくの立場はあくまで
「社畜はオワコン」

とはいえ、オワコンと叫ぶだけではダメだということは理解しています。

📝こんな読者様のために書きました!

  • 社畜が社畜を批判する滑稽な絵面を見たい
  • 社畜がダメならどうすればイイかわからん
  • 社畜叩きに違和感を感じる

ダメなところもいいところも踏まえつつ

それでも問題があるし、
その解決策まで提示しないと不誠実。

だから、柄にもなく誠実なスタイルの珍しい記事を用意させて頂きました。

[outline]

 

社畜が社畜を批判してみた

批判と言っても「ただ否定するだけ」の陳腐なのとは違う。

これから始めるのは「まっとうな」批判です

功罪をはっきりさせ
改善の提案までする

本物の批判を。

ぼくも社畜を強いられた身ですが
所詮は強いられてやっているだけの男。

ですが、ぼくも冷静ななるべき部分はありますからね。

自戒になるように
未来を見るために

そんな材料が読者様の未来に資するように

書き上げました。

 

ビジネスモデル「社畜」の功績

死をも厭わぬモーレツ企業戦士たちが今日の日本を作り上げました。

太平洋戦争に負けない死者を吐き出しながらではあるものの。

それは紛れもない事実。

社畜がなければこの国は今もまだ焼け野原でした。

高度経済成長期までの時代背景を鑑みればそう言われても納得のいく話。

社畜というビジネスモデルに非難が集中し過ぎてるのはいささか問題があるんです。

 

ビジネスモデル「社畜」の欠陥

とはいえ、非難が噴出するだけの理由もまた確かに存在します。

使い潰し前提の運用による墓標の山
搾取するための詭弁ばかりが先行

社畜ってビジネスモデル自体さえ食いつぶしている現状がヤバいのも事実です。

それだけではなく、
他の先進国は
質的向上へのシフトが盛ん。

なのに、日本は未だ使い潰し前提ゆえの質的劣化を克服できないでいる。

国際競争力の面でも後れを取っている。

ビジネスモデル自体が己の身を食らいはじめ

競争力の低下問題すら浮上

非難が多発するのも無理がない欠陥の山を早急に認め改善に着手するべき。

というのも事実です。

 

社畜にこだわらない労働力確保を【提案】



労働時間を買うのではなく仕事を買う。

オフィス等の経費を削り
削った経費で良い仕事を買う

アウトソーシング(外注)化の徹底で質的向上を図るのです。

終身雇用がトヨタですらさじを投げた

とあれば優秀な労働力の確保と保護を
「できる範囲で」
やる必要が出る。

己に出来ないことをせず
無駄な見栄を張らない
謙虚な経営をするわけです。

人海戦術と労働時間へ依存すれば
使いつぶされた負債が
人材を食らい始める。

保険とかいうシステムから浸食を始め、社会問題を引き起こす。

社会のキャパは無限じゃないことを知らないままだと自分の首を絞めることになりましょう。

優秀な外注先(すぽんさーどりんく)

社畜じゃない非正規を【提案2】



ぼくらは終身雇用崩壊時代に突入しました。

いい仕事を納めるため、労働者側もまた洗練を余儀なくされる。

社畜やっても幸福はムリゲーという前提で人生を設計しなくてはなりません。

常識の2歩先を行くつもりじゃないと生存すら絶望。

「役所や大企業で社畜やってりゃ安泰」

なーんて常識に縛られているようでは死にます。

有能なフリーランスになって実績を積む生き方が新時代の常識ですから。

 

社畜に対する総合評価

☆良かった点
今の日本は社畜と日本兵の
墓標の上にある

☆改善すべき点
オワコンゆえ国際競争力が陰ってる事実を無視するな

ぼくらの親や先祖が社畜をやり切ったからこそ今がある。

その点を認めつつ
改善の手を緩めないように。

伝統を認めつつ生存のために進取していく姿勢が必要です。

捌ききれない量の仕事を取って
価格競争に身を投じ
愛社精神を基軸に長時間労働でゴリ押す

せっかくの尊い労働もバカの一つ覚えとなってしまってはどうしようもない。

まずは、どうしようもない部分の存在から認めるべきかと。

勝ち組労働者「官僚」の現実(準備中)

 

社畜をやめるヒント



「社畜は何のためにやるか。」

40年ほど労働し、
厚生年金で20~30年の余生を過ごす。

それが社畜の理想形です。
(現在ではトヨタ勤務でもムリゲー)

ですので、投資による配当系収入を確保できれば厚生年金の上位互換になります。

エリート官僚でも55歳で本省局長になってようやく月収100万越え

40くらいまで現役。
その間に投資家へシフト

これを達成すればエリート官僚以上の勝ち組になれます。

転職してアフター5を確保しつつ副業に取り組み

軌道に乗ったら退職して
会社員+複業家→投資家+副業家
にクラスアップ

家賃や配当で月商100万を構築すれば厚生年金いらず

この方法なら
年金ならではの弱点とはオサラバで、
余生も官僚並みの生活です!

すぽんさーどりんく




あわせて読みたい!(確認)
  1. まず転職
  2. 次に副業
  3. 投資も並行(準備中)

Comments

comments

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtomo3000sfをフォローしよう!

-重オタクビジネス論
-,