タグ:親

「新しい」に触れることをやめてしまうことで失う3つのメリット

先進的なガジェットと文化や概念を触れるようにしておく、というのは下手な保険商品以上に心強い対策である(真顔) ぼくらは歴史に学ぶことを今以上に重視する必要があるでしょう。 なぜなら、親世代の生きた時代よりとは比べものにならないくらい前時代的な価値観の淘汰が早い世の中になりましたゆ […]

イクメンが「義務」になるなら子育てしなくていい3つの理由

イクメンは義務じゃないですよ! 子供を育てる。 それは大変な労苦と手間を必要とするものであり、社畜との相性は最悪。 いくら世間で「イクメン」をトレンドにしたところでイクメンになり切れる日本男児は決して多くなく、「働き方改革」はイクメンではなく「フラリーマンを量産」しています。 一 […]

【親≠全知全能】子供が神ですら全能ではないと知っておくメリット

親とは神のことなのか 確かに、親とは子供にとって創造主であり神というにふさわしい存在かもしれません。 ただし、人の身で神を演じるには限界があるのもまた事実。 永遠に誰かにとっての神様としてふんぞり返るような振る舞いはお世辞にもスマートとは言えません。 親はもっとスマートに振る舞う […]

【時間の節約・電撃戦】親説得がコスパで見切り発車に劣る3つの理由

速く、硬く、確実な納得を与えることを考えるなら? 見切り発車という電撃戦以上に有効かつコスパのいい方法はないとぼくは答えるでしょう。 コスパ厨のぼくは感情論や道徳より結果論を重んじます。 見切り発車はドイツ電撃戦であって、親説得などの交渉に駆けずり回る人たちは三国時代末期にて北伐 […]

【無謀すぎw】社畜家庭の子育てという無謀が子供を暴力へと走らせた

社畜家庭が子供を産むことは京都市営地下鉄東西線なみの無謀だと知れ。 京市交:4600億円でできるハズだった地下鉄が実際組んでみたら6400億円かかってしまった と言った具合に子育てもまた鉄道自殺と同じく理想と現実のかい離が多くの人にとってとてつもなく激しいものです。 このギャップ […]